【大幅値下げ!】ワードプレス『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

なぜライフコーチがブログをすすめるのか

なぜブログを書くことが必要だと思うのか

もしあなたが「ブログの書き方」を探しているなら
ちょっとだけ時間をとって、「なぜブログを始めようとしたのか」考えてみて下さい。

動機がはっきりすれば、ブログを続けていく力になります。

 

ブログの役割とは

ブログは単なる情報発信ツールや集客ツールではありません。
文字を書くことは「自分との対話」なのです。

どんなに学びがあったとしても、実際に
人生に表現しなければ、貢献することができません。

 

ブログが誰かの目に留まれば役に立つこともあるでしょう。
あなたの経験、見解を書き残すことは貢献そのものです。

あなたが人生で学んだことを誰にも伝えずに
この世を去ったら大きな損失ではないでしょうか。

 

しかも自分を表現すること、学んだことを表現することは
自分の学びを深いものにするのです。

人の話を聞くこと・自ら語ることの違いを考えてみれば明らかです。

 

あなたの人柄・人格が忠実に表現される

ありのままの自分。
素の自分。
飾らない自分。

こうしたものが表現されるとしたら、あなたは抵抗を感じますか?
ブログが日記帳と違うのは、他人が見るかもしれないという点です。

他人を過剰に気にするタイプの方は
インターネットに素の自分を公開することはできないでしょう。

これからも『他人目線』の中で生きることを目指しますか?

それとも・・。

ブログは自分自身の軸を取り戻すのにピッタリ!なのですが。

 

『書くこと』は『自己対話』

「書く」ことは文字を通じて行うコミュニケーションです。

ブログや日記などの文章を書いていく行為は
自分との対話がなくては成立しません。

 

瞑想と似ていますが
瞑想ではメモをとることはできません。

思いついたヒラメキも
すべてを覚えていることもできません。

 

その点、ブログなら・・。
好きなだけ自分との対話を記録することができます。

書いたものが残りますので
必要に応じて何度でも見たり、修正できます。

時間も関係ありません。
何年たっても削除しない限りはそこに存在し続けます。

いわばタイムカプセルのようにも働くのです。

 

ライフコーチがブログを勧める理由

ここで簡単に自己紹介させて下さい。

ライフコーチの加茂康明といいます。
お読みいただいてありがとうございます。

 

ライフコーチとは一言でいえば『人生の専門家』です。

相談相手であるカウンセラー、特定分野で目標レベルに
引っ張り上げてくれるコーチと似たような印象を持たれるかもしれません。

しかしライフコーチは人生全体を視野に一緒に解決していく
「人生にコミットする」存在です。

「人生には偶然はない」というのが基本コンセプト。
もし気になるならメニューからリンク先(別サイト)をご覧いただければ。

 

もっと「自分を表現したい」という欲求がある

ライフコーチとしてお客様と対話を重ねるうちに
ふと気がついたことがあります。

「お客様はもっと人生を自分を表現したい・・」
と思っているということに。

もちろん、私自身もそうでした。

 

心というものは本来自由な存在です。

長年の習慣で、イキイキとした表現をしなくなっているだけです。
表現する場を持つことで、心の”おもし”を外すことができます。

ブログの役割は「本当のあなた」を表現すること

 

自分らしさはいろいろな方法で表現できます。

時代はどう見てもこうした表現を求めているように思います。
こんな簡単に自分のメディアを持てる時代は、歴史的に初めてのこと。

使わない手はないですよね。

 

表現するプロセスを経験しないと理解できないことがある

もう一つはアウトプットしなければ、
片側しか見ることができていないということです。

 

自分も表現・実践するからこそ、初めてわかる世界がある

 

テレビを見て下さい。
わずか30秒のCMですらどれだけのエネルギーが注がれているか。

自分で作るという気持ちでみると、すごさに圧倒されます。
映像、音楽、キャスト、言葉の使い方・・なかなかできませんよ。

 

ただ受け身で見ているのとは天と地ほどの違いがあります。

もっと身近な例では授業を聞くこと、授業を行うこと。
両者にはどれほどの差があるでしょうか。

 

ネットに公開する度量が抑制を解き放つ

誰かに批判されるのではないか・・という視点から
行動がストップするケースがあります。

他人目線がいつのまにか自分を縛る鎖のような
働きをしていることになります。

他人がどう思うかには、自分のコントロールが及びません。
自分の意図が正しいのなら、それ以外は相手の問題です。

 

自分に素直に表現することが、心の殻を破るカギになる

 

あなたが自分らしさを表現しなくて
だれがあなたを表現してくれるのでしょうか。

あなたを縛っている鎖は、どんな怖れからあなたを守るものですか?
そのまま続けて後悔はないですか?

「えぃ!」という行動力がいままで不足していたものかもしれません。

 

表現と理解は一つのセット

このように「自分を表現すること」は「人生を理解すること」と同じように重要です。
車の両輪のように、理解と表現は人生においては<一つのセット>なのです。

ライフコーチとして人生の理解を助けていても
その後大きく人生を変えた方とそうでない方がいました。

この違いを決めているのが理解の質だったのです。

 

・ただの知識として人生を学んだ人
・実際の人生で実地にテストした人

この2つの学びの水準が同じわけがありません。

 

ライフコーチはお客様へ人生のヒントを提供します。

落ち込んだお客様にとっては
失ったエネルギーを補充するように感じられるかもしれません。

実際元気になりますね。
私も元気をもらうのが面白いところですが。

しかし生涯ずっとそばにいて助けていくことは不可能です。
最後は自分自身の理解力がモノをいいます。

ブログはその理解力を大幅に引き上げることができるのです。

 

なぜって?

文字にする行為は、圧倒的に自分との対話・内観を必要とするからです。

何度でも、いつ時点でもさかのぼって
繰り返し読むことも修正することもできます。

 

人に話すことも効果的ですが
やはり残りにくい点でブログの優秀さが際立ちます。

 

プロフィール:ブログ構築を手伝うことができた背景

会計・税務・コンピューターで左脳を活用

社会人の最初はプログラマーを1年半。
その後は長年会計業界で働いてきました。

数字のロジックを読み解き、税務の知識を織り交ぜて
経営者(いわゆる社長さん)にお話しするのが仕事でした。

この場合、難しいことを難しいまま理解しようとする人は
いませんから、どうしても翻訳が必要です。

私はこの翻訳の経験が豊富なんですね。

 

そうした日常の業務と並行して、社内のサーバーや
多いときで20台弱のパソコンの維持運営を担っていました。

数字や税務やIT技術に代表される
「左脳的な能力・経験」が強味なのです。

 

ライフコーチでは右脳もフル活用

一方でライフコーチは感覚を総動員する仕事です。

メニュー構成にもよりますが
基本は相手との対話で何を感じるか・・というのがキーになります。

相手に伝えるときも、一方的に話すわけにはいきません。
繊細な内容を含むだけに、心に届くように話す必要もあるのです。

相手を感じること、心の状態を観察することは必須の能力といえます。
その意味で感覚脳である右脳が鍛えられるということになります。

 

ちなみに私がライフコーチを学んだ講座では、男性は1割に満たないほどでした。
この業界に男性が少ない傾向があるようですが、こうした理由からかもしれません。

 

私の特性に気が付いたのは、お客様の反応から

『右脳・左脳の橋渡しをすることができる』

これが私を特徴づける強味であることを自覚したのは
友人のブログ構築をお手伝いしたことがきっかけでした。

 

「技術的にはわからないけど、こういうものがつくりたい」

ここから始まった数時間のヒアリングから
2~3日後には形にでき、大感激していただきました。

もちろん細かい修正はありました。
しかし、ご自分で到底ムリとあきらめていたイメージが
形になっていた感動はこちらにも伝わってきました。

 

3カ月にも及ぶライフコーチセッション、その後の数カ月の継続セッションを経て
ブログ構築をお手伝いした方もいます。

その場合は、本人のボギャブラリーそのもののようなサイトを作ることができました。
もらった資料は、A4用紙に鉛筆で書いたラフなスケッチの写真1枚だけ。

本人は自覚がないのに言葉の使い方など「まるで自分がつくったかのよう」と。

 

また別の方からは「チャネリングそのものだ」というお言葉を
いただいたこともあります。

感じたままを再現しているだけなのですが、驚かれることが多いですね。

 

ブログの相談は、ライフコーチセッションと大して変わりません。
何を伝えようとしているのか、どういうビジョンがあるのか・・。

対話から導き出していきます。

 

こうしたヒアリング能力、聞き出す力は
ライフコーチとしての対話から培われたものかもしれません。

本音や隠された気持ちを聞き出すことができなければ
真の満足感にはつながりませんから。

 

ありえない!サービスの提供の方法

ゼロから作り上げる達成感は、時間がいっぱいある人の特権でしょう。
でも、そんな時間に恵まれた方は少数のはずです。

WEB制作の業界では依頼したとしても
一定量の原稿を依頼者が作成・提出する必要があります。

・提供するサービスの内容
・プロフィール
・サービスの提供にいたった経緯 等々

業者さんには書きようもないからです。

 

加えて、依頼者と業者の間で少なくとも一定の
ボギャブラリーが共有できている必要があります。

インターネットにいくら詳しくても、私の友人たちのような
心の世界の用語を知らなければ、彼らが作りたいサイトを作ることは難しいはずです。

サービスの概念を受け取ってもらうことすら困難かもしれません。
ロジックの得意な専門家にあなたの感性を伝えることができますか?

 


その原稿が作れない!・・という友人を多数みてきました。

実はあなたが熱心に語ることができれば、ブログ作成は可能です。
それもお友達に話すように話すだけでOK。

これが「ありえないサービス」とは私は知らなかったのですが。

翻訳する人間がいなかっただけということでしょうね。


 

だれでも白紙の原稿に「さぁ書いて」といわれたら困惑します。

しかし、写真や原稿がすでに埋まっていたらどうでしょう。

自分の持っているこの写真を使ってほしい

 

キャッチフレーズをこう変えたい

 

全体のイメージカラーをこの色に

 

いろいろ出てきますよね。

修正から始めるなら
圧倒的にスピードアップできるのです。

 

会話と異なり、ブログはずっとデザインや文章の形で残ります。
だからやりがいも大きいのですね。

 

こうやって共同創造のプロセスを楽しんでいただいています。
楽しいのは私もなんですけどね。

 

ブログがスタートした後でも
記事の書き方など相談に乗ることもあります。

慣れれば慣れるほど、新しいアイデアがわいてくるのはお客様も同じ。
お手伝いできてよかったと思いますね。

 

こんな人に発信しています

自分を表現することは、こんなに楽しいよ・・ということを伝えたいですね。

本格的にブログをやりたいビジネスユースには
アメブロ+ワードプレス(WP)のダブル運用で。

それぞれ特性が異なるので単独運用もサポートしています。

 

ブログは長く育てることが必要です。
ふさわしいノウハウは少しずつ身に付けていくのが王道だと考えています。

 

技術の進展の速い業界です。そこにエネルギーを割くのはもったいない。
自分の表現に注力できることが最も大事と思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
自分もやりたいと思われた方はこちらへ ⇒ 問い合わせフォーム

スポンサーリンク
じぶん・オンライン