ブログライティング

ブログライティングライティング

ブログライティングを身に付けよう!

ブログで必須となるのが文章を書くこと
すなわちライティングです。

話が長いだけで内容がわかりにくければ
ページは閉じられてしまいます。

「読みやすく、興味が続くように書くこと」
こうした読者目線を意識したライティングも重要ですが

「検索エンジンが理解しやすいように書くこと」
一人でも多く読者に届けるためには、この発想も欠かせません。

おそらくは『ここまでできればOK』というものではなく
更なる向上が常に求められる世界なのです。

だから、あなたがあきらめない限り進歩の余地はあります。
向上のためのヒントを集めてあります。

ライティング

選ばれるブログのポイント3選!あなたの記事が読まれない理由とは?

あなたがその記事を読むかどうかを決めるポイントは何ですか?誰もが必ず目にする大事なポイントがあります。逆にいえばこれをきちんとすれば、読まれる率が大幅に向上すると期待できるわけです。画面の向こう側にいる人は、決してあなたと大きく変わるわけじゃないのですから。
ライティング

【ライティング】これでブログ600記事書きました!ノウハウまとめ#1

ブログのスタート段階から文章を書けるかという問題は大きなプレッシャーとなります。継続する際にも重要なポイントの1つです。慣れも必要ですが、ライティングという技術は学ぶこともできます。学びを続けるうちに自分の力を実感することも増えてくるはずです。
ライティング

ブログを書くのは自己満足でいい?!本当の自信をつける2つの要素とは

誰が読んでくれるんだろう?誰の役に立つのだろう?ブログを書いていて急に気になるときがあります。でも一握りの人に役立つなら、具体的に表現することには大きな価値があります。それはあなたにしかできない仕事です。それでも抵抗を感じるなら、心の内面にも注意を払った方がいいかもしれませんね。
ライティング

いきなりブログ書いていませんか?暴走しないための手順と道具を大公開!

ブログを書く際にはルーティーンを決めてあります。そこから書き始めるのですが、思いついたまま数行ずつまとめていくイメージです。最終的な結論を決めずに書いていくことは多々あります。それでも書いていくうちに流れができて、記事の形になっていきます。気負うのではなく気軽に入力してみては?
ライティング

ブログの書き方の大原則!「誰に向けてどのように」を意識し続ける!

ブログを書くときのポイントは大きく2つあります。どう伝えるかという点では欠かせないのは「わかりやすさ」。小学生でもわかるように書くのがポイントです。もう一つは誰に向かって書くか。いわゆるペルソナです。この2つを意識し続けることはもっと大変かもしれません。
ライティング

ブログはストレスを減らすと格段に書きやすくなる!秘密の文章術!

『かもちゃん流』ブログ文章術をご紹介します。コツはパートに分けて自分にムリをさせないこと。気合いで書いても苦しいだけですし、そういう雰囲気は読者さんにも伝わります。リラックスしてざっくり読んでも意味のわかるブログを目指してみてはいかがでしょう?
ライティング

お役立ち記事を書くことがブログの目的ですか?

グーグルでの記事の評価は読者に役に立っているかどうかというのが基本にあります。とはいえ「お役立ち」な内容をそう連発で書けるものでもありません。あなたを知ってもらう記事も重要です。どんな人間なのか感じさせるもの。共感できるストーリーならきっと読者を惹きつけます。
ライティング

記事のストレスを減らすポイント

ブログを続けるには、記事の作成で生じるストレスとどう向き合うか考えておく必要があります。無理しても長続きしませんから、早い段階でストレスの少ない自分だけのパターンを確立しておいた方がいいのです。義務感で書くようにすると文章に魅力がなくなるのでご注意を。
ライティング

ブログ記事をアップした後でやっていること

ブログ記事をアップで終わりじゃない!見せ方にはパソコンとスマホで違いがあります。この違いを吸収するレスポンシブデザインであっても注意するべきポイントってあるんです。その差はちょっとした手間をかけるかどうかだけ。でもそれによって読みやすくなるのだとすれば・・。
ライティング

すきま時間をうまく使うとよい記事が書けるかも!?

パソコンやスマホなど技術分野の進展はすごい。一方、文章を書くプロセスには大きな変化がない。使いやすいのはエディタでワープロよりも軽快に動く。これを使えば、わずかな時間に文章を書くことができる。繰り返し何度も考える方が良い記事になるのも道理でしょう。
スポンサーリンク