アクセス数が落ちて悩む方へ!ブログに欠かせない攻めと守りの2大戦略とは

アクセス数が落ちて悩む方へ!ブログに欠かせない攻めと守りの2大戦略とは検索エンジン対策(SEO)
スポンサーリンク

アクセス数が落ちて悩む方へ!ブログに欠かせない攻めと守りの2大戦略とは

今回は始めたばかりの初心者の方は
まだ読まなくていい内容です。

ある程度の記事数に達するまでは
手順の習得や書くことに専念して下さい。

この記事では・・

ブログ運営者なら誰でも気になる
「アクセス数」がテーマです。

自己対話のツールとしてのブログなら
あまり気にしないでしょうが

ビジネスへの発展を考えているなら
最重要課題になります。

私が実践している
2つの戦略をシェアしますね。

 

ブログへのアクセスを増やす”攻めの戦略”とは

「ブログをやるなら、毎日更新しよう」
これは、よく聞くフレーズです。

その意味や仕組みを知っていますか?

記事の更新で起きていること

適切にワードプレスの設定がされていれば

ブログ記事を書くたびに
①検索エンジンに更新情報が伝わる
②検索エンジンが見にくる(クロールする)
③検索エンジンがデータベースに登録(インデックスする)

検索エンジンはGoogle(Google社)と
Being(マイクロソフト社)の2つです。
※市場シェアはGoogleが90%を握っています

いずれにせよデータベースに登録されないと
検索してもその記事を候補に表示してくれません。

つまり、あなた以外は
”誰も存在を知らない記事”ということになる。

となればアクセスが増えるわけがないのです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

記事の更新の都度、その情報は
こうした検索エンジンに通知されるため

記事をアップするたびに
トントンとノックを繰り返しているようなもの。

だから毎日が望ましいわけです。
可能なら1日に複数記事アップするのもいい。

 

クロールの仕組みを知ろう

検索エンジンは「ボット」と呼ばれるプログラムを
ネット上に放って独自に情報収集も進めています。

たまたまあなたのサイトに到達すれば
・可能な限りリンクをたどって(クロール)
・記事の存在を確認して登録(インデックス)します。

ただしネット上には膨大な量のサイトがあります。
次回は明日かもしれないし、3カ月後かもしれない。

1回でクロールできる量にも制限があるようです。

リンク切れや記述要素の矛盾など
無効な情報が多ければ
それ以上の探索は打ち切ると言われています。

※ワードプレスはこの点で他のシステムよりも優れている
・・とGoogleは説明しています。
他のシステムでもHPやブログを構築できますが
内部的な精度が低いということのようです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

検索エンジンはクロールされた
全ての記事を登録するわけでもありません。

検索エンジンは有用性の高い
「高品質な記事」を
優先してインデックスする

低品質のグダグダした記事(!)を
検索結果に出しても
検索エンジンの評判を下げてしまうからです。

検索エンジン運営側の収入源は広告業ですから
検索結果のクオリティにはこだわります。

検索ユーザーの問いに的確に答えたいので
わざわざ評判を下げることはしないのです。

検索エンジンは自らの目的のためにあり
私たちとは「利用し利用される関係」にあります。

 

もう一つの攻めの戦略とは

もう一つの攻めの戦略とは

高品質の記事を作成してインデックスを促す

逆に高品質な記事を書けば
インデックスされる可能性は高まります。

あなたの記事を読んで
知りたい内容がしっかりあれば

最後まで読むでしょうし
新たに検索し直すなんてこともない。

こういう読者の行動パターンも
検索エンジンは把握しています。

・これさえ読めば問題解決できる
・いろいろなパターンを網羅している

そう思わせてくれるような記事が
高品質な記事なのです。

このあたりはライティングの記事を
参照して下さいね。
>> ブログライティング

ブログライティング
あなたのブログをサポートする「じぶん・オンライン」の「ブログライティング」カテゴリのページです。文章を書くことは避けようがありません。であるなら、よりストレスの少ない方法を身に付けてみませんか?

 

クロールを助けるサイトマップを送信する

それともう一つ。
「クロール」を助ける手段が用意されています。

それは「サイトマップ」と呼ばれる記事情報を
検索エンジンに伝えること。

地図みたいなものなので、無駄なクロールを避け
より多くのリンクをたどる助けになります。

比較的単純な構造のテキストファイルですが
自分で作成するよりは
プラグインで自動作成するのが一般的です。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

現在のワードプレス(WordPress5.5以上)には
簡易なサイトマップを作成する機能が追加されました。

しかし専用プラグインと異なり
大切な情報が欠けているので
万全を期すならプラグインの利用をお勧めします。

実は記事の「更新日時」情報がないのです。
インデックスの品質に関わります。

古い記事をリライトして情報量を増やしても
見つけてもらえない可能性が高まってしまうのです。
※そのうちワードプレスのバージョンアップで改善されるかも

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

ちなみにサイトマップには
人間用と検索エンジン用の2種類があります。

読者がクリックして使うのが「HTMLタイプ」

このブログのメニューバーにも配置していますが
つまりは「記事一覧」です。

これと別に検索エンジンが使う
「XMLタイプ」があります。

ワードプレス内に作成されるので
検索エンジンに送信しなくてはなりません。

具体的な手順は別記事でお伝えしますね。

 

ブログへのアクセスを減らさない”守りの戦略”とは

ブログへのアクセスを減らさない”守りの戦略”とは

さて、なんとかインデックスされた
記事情報ですが、実は安泰ではないのです。

ずっとそのままインデックスされたままの
保証はありません。

インデックスから削除されることがあるのです。
※記事が削除されるのではなく、インデックスへの登録がなくなるという意味です

そうすると前述のとおり
検索候補からも外れてしまいます。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

記事単位でインデックスの判定がされるので
放置するとゆっくりと
アクセス数が減少していくはずです。

この場合には、インデックス登録を
Googleに依頼することができます。

これが”守りの戦略”です。

 

インデックスから外れたかどうか確認しよう

まずサーチコンソールを起動して下さい。
※サーチコンソールの使用には多少準備が必要となります。
認証された持ち主(ブログ管理者)でないと
使えないツールです。

左側のメニューから「カバレッジ」を選択します。

タイトル「カバレッジ」下の▼をクリックして
「すべての送信済みページ」に変更し
4つ数字の右端の「除外」をクリックします。

グラフ下の項目から
「クロール済・インデックス未登録」
をクリックします。

棒グラフの下に
「クロールしたけど登録しなかった」
記事のURLがズラリと並びます。

これが多いともったいないですよね。

可能な限り、これらの記事を
より高品質な記事に修正しましょう。

新たな情報を付け加えたり、画像を入れたり。

情報量の変化がわずかなら
改善の意味がありませんのでご注意を。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

クロールは1回限りではなく
間隔をおいて何度も訪れます。

そのたびに内容が審査されるようです。

「低品質だから登録しないよ」
という判断が下されると、何度申請しても
結局はインデックスから除外されてしまいます。

 

インデックスに再登録を依頼しよう

修正が終わった記事のURLをコピーして

タイトル「カバレッジ」の上にある検索窓にペーストします。
「××内のすべてのURLを検査」と表示されていたところです。

エンターを押すと、現在登録済みの情報を読み出して
表示してくれます。

「クロールした(見に行った)けど登録しなかったよ」
と言ってます。

でも、高品質な記事に変更したので
「ページを変更した」に該当しますから
インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

リクエストが始まるといろいろテストをして
OKならこの表示が出ます。

OKをクリックすると画面が戻りますが
「リクエスト済」となっていますね。

これで完了です。
あとは待つ以外にありません。

後日、このURLを再度検査してみて下さい。
登録されるとこのような表示に変わります。

ただし何時間・何日かかるかはわかりません。
気長に待ち、数日後でもダメなら再申請しましょう。

まだ「低品質」だと判定されている
可能性もありますので

記事の加筆修正も念入りに。

 

アクセス数が急に減少したときは

Googleのコアアップデートがあれば
検索順位は大きく変動することになります。

改正されたポイントの影響を大きく受ければ
トップページにあったサイトでも
はるか後ろのページにまで飛ばされます。

ひどいときは最終ページまで見つからないことも。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

検索結果に表示されなければ
クリックされる可能性はほぼなくなります。

そうするとアクセス数は急落するはずです。

SEOからの流入が途絶すれば
ブログとしては死んだも同然です。

ワードプレスはアメブロのような
読者を呼ぶ仕組みを持っていません。

だからSEOに頼るしかないのです。

これはワードプレスで
運用している全員の宿命ですね。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

2~3週間もすると変動幅がおさまって
ほぼ順位が確定します。

そのころにはどんなサイトが飛ばされたか
ネットに情報が出ていますので
理解できる限り改善してみましょう。

アップデートの内容によっては
SEO対策の改善が望めないものもあります。

SEO対策でない方法を選択するしか
ありませんが、それはまた別の機会に。

 

メルマガ購読はこちらをクリック


ps.

結局近道はないことを知ったSEO対策。
どこから得た情報にせよ
実際に試してみないことには・・。

となると、検証できるだけの力と根気は
覚悟しておいた方がよさそうです。

 

おすすめの【関連記事】はこちら
 >> ブログに必須のSEO戦略!有効な対策は検証・実践の積み上げで手に入れよう!

おすすめの【まとめ記事】はこちら
 >> 【SEO対策】検索エンジンを味方につけよう!ブログ強化の大原則とは

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
検索エンジン対策(SEO)
スポンサーリンク
じぶん・オンライン