起業で情報発信を始めるなら!ブログのゼロイチ(0→1)はここから!

起業で情報発信を始めるなら!ブログのゼロイチ(0→1)はここから!ブログ運営法

起業で情報発信を始めるなら!ブログのゼロイチ(0→1)はここから!

ゼロイチ(0→1)という言葉があるように
実績「無」から「有」を生み出すのは
”難しい!”と相場が決まっています。

なかには楽々と実現したように
話される人もいますが

「一発屋」で終わらずに
業績を伸ばしていくには

・アウトプット量・行動量で圧倒
・陰で努力を惜しまない姿勢とその蓄積
・周囲から引きたてられる人間関係
等々

公平にみても「そりゃそうだ」と
納得できるケースが多いように思います。

今回はブログの『最初の1歩』を
踏み出すための内容を厳選してご紹介します。

 

まず方向性を決めよう!特徴を知って参入メディアを決める

参入分野はきわめて重要です。

選択を間違えば
投入したエネルギー、時間が
無駄になる可能性が高いからです。

個人起業家にはこのロスは痛い。
ビジネス存続の危機にもつながります。

 

クラブハウス(Clubhouse)で踊った人、静観した人

2021年2月に入ったころと記憶していますが
クラブハウス(Clubhouse)という
新しい音声サービスが日本を席巻しました。

先行者利益の確保をねらって
情報に敏感な方たちが次々と参入しました。

「録音禁止」
「実名登録」
「紹介制」
「ルーム制」

こうした特徴から「今までにないスピードで
新しい人脈が可能」と熱く将来性が語られました。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

その後どうなったか・・。

数週間は話題として盛り上がりましたが
週を追うにつれて見かける機会は減少し

2カ月後の今ではほとんど目にしなくなりました。

おしゃべりや人間関係構築に自信がある方でも

「起業でクラブハウスを使うか?」
という問いには、NOとなると思います。

 

得意・不得意だけでは決められない参入分野

個人で起業するなら
低予算・無料でも使える情報発信ツールは
最大限活用すべきです。

サービスの内容から
自分との適性を考慮するのは当然ですが
メディアとしての特性も十分に検討した方がいい。

例えば5年後も存続するサービスなのか?

5年間蓄積できれば十分という方は構いませんが
その後どうする?という話です。

 

資産として蓄積できるかがポイント

私は「長期的に転用ができるもの」
選ぶようにしています。
蓄積が可能であることが重要です。

文字情報なら別種類のメディアに
再加工しやすいのでピッタリなのです。

(例)ブログ → 書籍・kindle

昔からよくある流れですね。
商業出版は今でも権威性がありますし
「Kindleで1位」という表現もよく見かけます。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

この点、動画・音声は人気度が高いですが
将来残るメディアになるかといえば
予測しにくいですね。

ですので私が使うとしたら・・
文字メディアの補完という位置付けです。

※動画編集が得意でないのでほとんど活用していません

代表的な分野についてまとめたのがこちらです。
>> ブログ、動画、音声?多様な発信方法から得意な方法を見つけよう!

ブログ、動画、音声?多様な発信方法から得意な方法を見つけよう!
ブログをあらためて知るために他の方法も検討してみて下さい。意外にもいいサービスがあるかもしれない。従来の方法と併用することもできるし、その特性を生かすためにも情報は時々チェックしたい。書くことで生まれる価値を活かすならブログですが組み合わせることも。

 

基盤になるメディア「ブログ」がおススメです

私と同様に「ブログを主軸に展開する」ことを決めたなら
情報の多さに驚かれるかもしれません。

たくさんのライバルもいますが
参考になる情報もまた多いのです。

なにせ歴史があり、参入者も多く
彼らをサポートする様々なサービスもあります。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

動画がスムーズに再生できるようになったのは
比較的最近のことです。

10年前はスマホはまだ普及前でした。
テキスト情報ばかりだったころから
ブログはあります。

「気楽に」で構わないので
実際に操作してみることをおすすめします。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

経験の量、回数がキーになりますので
やるなら早い方がいいでしょう。

副業への参入希望者は今後も増えるはず。
競争は今後もさらに激化が予想されるからです。

踏み出しを躊躇されている方は
問題点を整理すると気持ちがラクになりますよ。

>> まだブログやらないの?「スタートできない症候群」を克服する方法とは

まだブログやらないの?「スタートできない症候群」を克服する方法とは
「今日じゃなくてもいいでしょ」この判断が夢の実現を遅らせます。仮に目先の苦痛を先延ばしにできても、もっと大きい苦痛を呼び起こすことになります。今できることをやると決め、実際に着手することが実現への唯一の道です。最初の一歩さえスタートできれば、あとは続けるだけ。

 

ブログ初期からマーケティングの基礎概念は知っておこう!

努力は大事ですが、投じるエネルギーを
正しい方向に向ける必要があります。

でないと延々とムダなことを続けてしまうかも。

これを防ぐためにも関連する各分野の
基礎概念は知っておいた方がいいと思います。

例えばマーケティングの手法。

しばらく広告運用する予定はなくても
評価手法として、あるいは運用戦略として有用なら
使ってみて悪いはずがないからです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

目的がしっかりすれば
「なんとなく作業すること」がなくなります。

データを検証する「数字でみる」習慣
役立つことでしょう。

トップ層はマスターしていて
その知恵を活用しているのです。
あなたもマネしない手はありませんよ。

>> ブログ初心者も使うべきマーケットの公式とは?迷いが消える3つの要素!

ブログ初心者も使うべきマーケットの公式とは?迷いが消える3つの要素!
あなたのブログに期待した結果が出ないとき、必要なのは軌道修正です。やむくもに行動しても正解にたどり着く保証はありません。今と同じ単純な繰り返しは傷を広げる結果になるかもしれません。1つの公式をご紹介します。3つの要素を理解すれば効率的に改善点を探せます。

 

ブログ運営で最優先すべきことはデザインではない

ブログの初期設定が終わると
その見栄えが気になるところです。

やっぱりカッコよくしたいのが人情というもの。

となると、真っ先に目に入る
「ヘッダーデザイン」の検討を始めるかもしれません。

なにせ”サイトの顔”ですからね。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

もともとデザイン系の
編集スキルがあるならいいですが

本当に初めての場合は
深入りは避けた方が賢明です。

それでなくても
覚えるべきことが多いのですから。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

「ブログは内容で魅せるもの」です。
読者は興味があるのは情報であり、デザインにあらず。

記事の充実度でアクセスが決まるので
デザインに割くのは余力で十分なんですね。

本格的にやるなら、時間を割いてデザインの勉強をし
専門のツールの使い方を覚える必要があります。

でも使うのはブログの一部だけです。
こうした点からも、あまり長時間かけるのは
賢明ではないと思うのです。

>> ブログのデザイン作業は短時間に限る!あなたの時間を奪う危険なワナ!

ブログのデザイン作業は短時間に限る!あなたの時間を奪う危険なワナ!
見た目がガラリと変わるブログデザイン。デザインにこだわると時間いくらあっても足りません。テーマを変更するだけでは済まず、膨大な手作業を余儀なくされることがあります。変更することで得られるメリット、手作業の多さというデメリットをよく検討しましょう。

 

あとはブラッシュアップ!ブログは小さな改良を繰り返そう

特にブログ運営の最初の数カ月は
読者数とかアクセス数にとらわれると
大きな挫折感を味わうことになります。

反応がないのが普通なのです。
(特にワードプレスでは)

これで撤退していく方が大勢います。
だからこそチャンスなのです。

潜在的ライバルが時間と共に
どんどん消えていくのですから。

多少下手でも継続している限り
チャンスは増えていきます。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

一方でブログに関連する情報は
非常に多く出ています。

有料なものもあれば無料のもの、
低額なものもあります。

一定以上のスキルがないと
使いこなせない情報もあります。
高いからといって役に立つとは限りません。

ブログというメディアは
記事を書き続けながら

有益な情報を徐々に取り入れて
ブラッシュアップしなくてはならないのです。

私は「投資」の感覚が重要だと思っています。

無料にこだわり過ぎるのも悪手ですし
お金を出せばいいというものでもないと考えています。

>> 大公開!ブログの改善を重ねる私の方法とは ~ビジネス投資論~

大公開!ブログの改善を重ねる私の方法とは ~ビジネス投資論~
ブログは個人起業家には価値のある重要なビジネスツールです。こうしたものに対する姿勢はビジネスそのものに対するあなたの考え方を反映します。私は検証派で理解するために試すタイプです。でもこの実験で経験値を大きく引き上げることができました。

 

メルマガ購読はこちらをクリック
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ運営法 注目記事
スポンサーリンク
じぶん・オンライン