Googleアップデートからのリカバリー!リンク改善で表示が復活!

Googleアップデートからのリカバリー!リンク改善で表示が復活!検索エンジン対策(SEO)

他の記事でも書いていますが
2020年5月のGoogleコアアップデートで
全サイトが圏外に消えました。

ブラックハットSEOと呼ばれる手法で
ペナルティを受けていたのではないかと気づいた私。

10月半ばころから大きな作戦変更を開始しました。

11月の終盤までモニターしましたが
明らかに復活の動きを見せ始めました。

今回は中間報告としてお話します。
参考になるものがあればいいんだけど。

 

スポンサーリンク

Googleアップデートからのリカバリー!リンク改善で表示が復活!

状況としてはこんな感じでした。
・サイトA(120記事)
・サイトB(50記事)
・サイトC(A・Bの紹介+独自20記事)

でやっていたのは
「これらのサイト間で相互リンク」すること。

自分の持つサイト同士で
リンクを設置することはよくあることです。

対策:自演リンクの見直しでリンク関係を大掃除!

前回記事でもご紹介したように
複数ブログの相互リンクによる効果は絶大で

わずかな記事数でも
ある程度の上位表示に成功したのです。

ですが、今回はどうもそれが原因らしい。

検索エンジンの立場で考えると
「不要なリンクが多すぎる」
と判定されたのではないかと思ったのです。

従来は各記事にリンクを設置

構造的な問題があったのは明らかでした。

グローバルメニュー
(ヘッダー下に表示されているボタンの帯)に
外部へのリンクを用意していたのです。

各記事でどんな内容を書いていようが
常に外向けのリンクを設置しているのは
「明らかに読者に不要な情報」でした。

実際、サーチコンソールでのリンクの数を調べると
数千ものリンクが張り巡らされていました。

グローバルメニューからリンクを削除

各記事ごとのリンクを廃止した

そこでリンク専用のページをつくり
これをグローバルメニューに設定しました。

各記事からすれば
リンク専用ページ(内部リンク)ですから

外部サイトに
いきなり飛ばされる危険はなくなります。

各記事ごとに2本のリンクが設置されていたため
100記事あれば200本のリンクが削除されたことになります。

相手側のサイトでも同様の措置をしましたので
グループ全体では一気に減少した形です。

RSSによる更新情報を廃止

サイトAではRSSという機能を使って
更新情報を自動表示する仕掛けをしていました。

簡単にいえば、別サイトの直近の5記事について
・記事のタイトル
・アイキャッチの画像
・記事の概要(メタディスクリプション)

これを1セットにしてプラグインで
自動的に取得するようにしていたのです。

これも削除しました。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

RSSは更新の有無をカンタンに取得できる情報で
キュレーションサイト(いわゆる「まとめサイト」)を
つくるのによく使われる仕組み。

FEEDとも呼ばれます。

まとめサイトの有名なところでは
オールアバウト(https://allabout.co.jp/
ライフハッカー(https://www.lifehacker.jp/

こうしたサイトではブログカードを網羅的に配置して
いろいろな好みを持つ読者さんを集めるわけですね。

 

結果:リンクを訂正したら表示復活!

まだまだ作業の内容は続きますが
この記事でご紹介した作業だけで
Google検索での表示が復活しました。

やはりペナルティだったのかなと感じました。

悪質な場合は手動ペナルティとして
通知されるのですが

それほどではないとAIが自動判定して
ペナルティを与えてしまうのです

今回はAIに許してもらえたみたいです💦

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

もっとも100位とかその周辺では
まったくダメです。

そこからまだ対策は続いていますが
その手法についてはデータが固まったら
ご紹介しますね。

 

メルマガ購読はこちらをクリック


ps.

あきらめかけていた私が
最後にとったSEO対策。
それは覚悟を必要とするものでした。

でも試してみないとわかりません。
いまだにそのチャレンジは継続中です。

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
検索エンジン対策(SEO)
スポンサーリンク
じぶん・オンライン