SEOでブログを強化する!上位表示を目指すためにしていること

SEOでブログを強化する!上位表示を目指すためにしていること検索エンジン対策(SEO)

2020年5月のGoogleのコアアップデート。
私にとっては大激震!でした。

これにより運営している複数のサイトで
大ダメージを受けています。

自分の意図しているキーワードでの検索で
表示順位が大幅に後退したり
もしくは表示されなくなったり・・

今回はその回復に向けての取り組みを
お伝えします。

同じことに悩まれている方への
ヒントになるかもしれません。

 

スポンサーリンク

SEOでブログを強化する!上位表示を目指すためにしていること

過去の大きなGoogleアップデート

年に3回ほど大きなものがあるのですが
そのたびに順位が大きく変更することが知られています。

有名なものとしては

パンダアップデート(2011年):
検索ワードの情報を掲載しているか、内容は十分か
ペンギンアップデート(2012年):
不自然なキーワードはないか、無関係なリンクはないか
・モバイルアップデート(2015年):
モバイル環境でも見やすいか
・スピードアップデート(2018年):
表示されるまでの速度は速いか
・BERTアップデート(2019年):
AIを用いて検索語の入力意図を総合的に把握する

その後も改良が繰り返されています。
小さなものは日々修正されているそうです。
気が抜けませんね。

私がブログを開始した2018年では
ブログの高速化が話題になっていました。

表示までに時間がかかると
読者が別のサイトに移ってしまうからです。

またモバイルでも十分な速度があるか
という点も重要でした。

記事が少なければ問題ないのですが
数十記事でガクンと遅くなったときは
ホントどうしようかと。

 

※そのあたりはこれらの記事に書いています。

>> PageSpeed Insightsの評価が劇的に改善したある方法とは?

あなたのブログのサイトスピードを劇的に改善する禁断の方法とは?
サイトのスピードアップに成功した私の方法について。いろいろなキャッシュに関するプラグインを試したところ、効果的なものもありましたが不具合が発生し、大幅な向上は断念せざるを得ませんでした。しかし全く違うアプローチが劇的な効果を生んだのです。

>> PageSpeed Insightsのスコアが満足できるようになった方法

ブログのサイトスピードが大きく改善!決め手はプラグインの選択だった!
キャッシュプラグインはスピードアップにとても役立ちます。高速化されたテーマでも、さらにパフォーマンスを向上させることができるわけです。SEOが死活問題になるワードプレスではぜひ有効活用したいですね。工夫次第で改善できることが差別化につながります。

 

私のSEO対策の結果と変化

1つ目のブログ運営に自信をつけた私は
次々とブログを開設しました。

メイン業務のライフコーチサービスでは
1年のうちに3ブログを立ち上げたことになります。

当初、相互リンクの効果は大きかった

お客様のターゲットごとに
記事を書き分ける必要を感じ
別サイトにしたのです。

3つのサイトでは
相互リンクを貼っていました。

メニューボタン:トップページへのリンク
サイドバー:最新10記事へのリンク

これは効果があったようです。

まだ15記事に満たない状態で3ページ目に出現し
その後もトップページや2ページ目にも長い間表示されていたのです。

徐々に効果を失うリンクの効果

それが2019年末あたりから
ズルズルと順位が下落し

2020年1月のアップデートで
大幅な下落と復活を繰り返すように。

その後5月のコアアップデートで
姿をほぼ消すことになりました。

そして今は・・

記事の構成、書き方などいろいろな手法で
改良を試みました。

この間、記事数も増えていますが
順位は十分には回復していません。

Googleによれば
根本的対策は「記事の品質向上」
とされています。

いろいろな要因があるので
私は実験を繰り返すことになりました。

それは今でも変わりません。

 

初めて知ったブラックハットSEO

初めて知ったブラックハットSEO

Googleの検索アルゴリズムのすき間を狙う
SEO対策を「ブラックハットSEO」と呼びます。

当然歓迎されないどころか
ペナルティの対象にもなるものです。

私は変なことをやっているつもりはなかったので
ほとんど関心がありませんでした。

大量サイトによる大量リンク

例えば記事のほとんどないサイトを
大量につくり、リンクを集める方法。

一時大流行していましたが
ペンギンアップデートで淘汰されたわけです。

ガラケー時代にツールを使って
大量にミニサイトを作る手法を聞いたことがあります。
それは数百にものぼるサイト量産の手法でした。

目的は被リンクの獲得

その意図は【被リンク】の獲得にあります。

あなたのサイトが、他のサイトからリンクを貼られたら
「被リンクを獲得した」と表現します。

『たくさんのサイトが参照するサイトなら
優秀なサイトに違いない』

とSEO評価では有力な根拠になっていました。

 

今ではリンク元の権威性も問われています。

例えば、誰もが知るサイトが
あなたのサイトにリンクを貼ってくれたら
あなたの権威性が高まりますよね。

運営サイトの被リンク

想像してみて下さい。
「Yahooがあなたのサイトにリンクしたら」
「テレビ局のサイトがリンクしたら」

誇らしい気持ちになるでしょうし
あなたのサイトを訪問した人は
安心して読むことになるはずです。

だから権威のある被リンクの獲得が重要なのです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

「私の運営するサイトも
権威性のない相互リンクに該当するのでは?」

これに気付いたのは
2020年の9月後半になってからのことでした。

もしかしたらブラックハットと
認識されているかもしれない・・!

 

現在進めているのSEOの抜本的対策とは

ターゲット層が違うといってみたところで
AIの判定では細かいニュアンスは
わからないかもしれない。

能力の向上は確かですが日本語は難解です。

語感・行間を正確に読み取ることは
人間にとっても難しいものですよね。

大決意!サイトを統合してパワーを上げる方向へ

そこで考えた対策は
シンプルにサイトを統合するということ。

3つのサイトで300記事ぐらいあります。

ただ単に互いの記事の紹介だけのものが
多数含まれていますから

完全に独立した記事は
全部で200記事くらいでしょうか。

記事の移設で期待できること

サイトを分散したことで弱まっていたパワーを
強化することもできるでしょう。

記事の移動に伴い
古い記事の書き直しにも着手しました。

この2年の間に成長した証拠ともいえますが
必要な作業量は膨大です。

記事だけでなく
かなりデザインにも手を入れています。
ご覧いただければ幸いです。

>> ライフコーチ加茂康明

ライフコーチ加茂康明
ライフコーチ加茂康明のメインサイトです。自分を変えたいと本氣で考える方のためのブログです。今は自信がなくても、自分の人生には変化を起こせます。どうせなら最高の自分でいたいと思いませんか?自分を深く知る、人生における意味を理解することをお手伝いしています。

 

2020年12月のコアアップデート襲来とその結果

記事の移動は11月中に終わり
古い記事の更新作業を進めていました。

検索結果に表示されるようにはなりましたが
100位前後を見え隠れする程度でした。

それまで何をやっても表示されなかったので
大きな進歩ではあったのですが。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

月が替わってまもなく
再びコアアップデートが始まったのです。

通常3~4カ月ごとに実施されますが
噂ではコロナの影響もあって
年内はないという声もありました。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

1週間ほどで表示は安定しましたが
なんと40位前後まで改善!

今回はアップデートが
追い風になってくれたようです。

 
メルマガ購読はこちらをクリック


ps.

結局近道はないことを知ったSEO対策。
どこから得た情報にせよ
実際に試してみないことには・・。

となると、検証できるだけの力と根気は
覚悟しておいた方がよさそうです。

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
検索エンジン対策(SEO)
スポンサーリンク
じぶん・オンライン