その判断、起業センスが問われてますよ

サービス

判断の仕方の優劣と起業センスとの関係

紹介を介してお会いした
お客様との会話で印象的だったワンフレーズ。

「自分にもブログできるかなぁ?」

 

言葉の裏にあるもの

このフレーズからは
いろんな想いを感じることができました。

・ブログは自分には必要だと感じている
・自分一人では難しいんじゃないか
・大丈夫って言ってほしい

いろいろな感情がうずまいていますが

一言で言えば
「不安」と「必要性」の間で板挟みになっている
というイメージでした。

 

その選択は投資になっていますか

やはり順番というものが重要です。
何もわからなければ委ねるしかない

でもそれがイヤなら
スモールステップで確かめていくしかない

判断するには
一定量の経験や知識が必要だからです。

例えばテキストを自分で開いてみる。
動画の通りやってみる。

これにかけた時間やコストは
実は『投資』なのです。

この投資をせずに高いコストを
払い続けている人が大勢います。

ずっとやらないでいるのも
逸失利益を生み出しているという意味で
やはりコストに違いありません。

 

投資からリターンを生むには学ぶしかない

ブログに関しては
実は終着点というものがないのです。

・記事を書き続けること
・メンテナンスをし続けること

ほとんどの場合
今後もずっと手がかかることは確実です。

・学ばなければコストが増える
・学ぶとコストが減少する
・あきらめる(!)

やってみてプロに頼もう・・はありですよね。
「自分でもサイトを作ったけどプロにはかなわない。
時間の節約のためにも外注しよう」
これは初心者からみたらギブアップとはいえません。

でも難易度の低いレベルでも手を付けようとしないのは
今後に負荷を増やす結果になります。
どのみち集客に欠かせないプロセスですもんね。

それでもこの判断ができない人が多い印象です。
わかっていても動けないから
そのうちモチベーションの火も消えてしまう。

 

誰から学ぶか・・はその先の段階

誰から学ぶかは重要ですが
誰かにはピッタリでも自分でもどうか・・は
試してみないとわかりません。

相談して実際にやって質問して・・
このステップでピッタリくるなら
今のあなたにふさわしい導き手ということになりますが。

まずは少額の負担で
実際に手を動かしてみて
判断することをおススメします。

迷っている間にチャンスを失っていると考えるのが
起業家の思考です。

判断する材料がないのに
ムリヤリ判断しようとしているから
決心できない、行動できないということになるんですね。

材料を集めれば
自然と合理的な判断ができるようになります。
どの程度時間をかけるかというのもバランス感覚が必要です。

こういうことからも起業家のセンスは
磨かれていくと思っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

サービス
スポンサーリンク
じぶん・オンライン