役割の異なる3タイプのブログ記事!あなたは使い分けしてますか?

役割の異なる3タイプのブログ記事!あなたは使い分けしてますか?ブログライティング
スポンサーリンク

役割の異なる3タイプのブログ記事!あなたは使い分けしてますか?

とある勉強会に参加して
心に残った言葉がこちら。

ブログには「お役立ち記事」だけを
書かねばならないと思っていませんか?

ビジネスブログを運営しているなら
確かに「集客」は目的の大きな柱の一つです。

でも読者の関心をひくのは
お役立ち記事だけではないのです。

私はブログの内容には3種類あると
思っています。

・お役立ち記事
・ストーリー
・関連性情報

もし知らないとせっかくのブログが
苦痛の元になってしまうかもしれませんよ。

 

【お役立ち記事】ブログをノウハウ発表の場にするといずれ行き詰まる

【お役立ち記事】ブログをノウハウ発表の場にするといずれ行き詰まる

「誰かの役に立つ情報を載せなければ」

こう考えると何が起きるか。
実はお役立ちネタには限りがあるのです。

人生経験がいかに豊富なあなたでも
無尽蔵にノウハウだけ書けないですよ!

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

身近な例をあげましょう。

1日の仕事の中にそうたくさん気づきが
あるわけじゃないですよね。

ほとんどは昨日以前の仕事の繰り返しです。

新しいこと、気付きって何個ありました?

他人と共有すべきレベルで・・としたら
そうそうないんじゃないでしょうか。

ある程度テーマを書いてしまったら
ネタに困るのは当然ですよね。

 

お役立ち記事の価値はわかりやすいのが特徴

誰かの知らないことを言語化すれば
検索エンジンは価値を認めてくれるでしょう。

適切なキーワードを目印に記事を作り
読者が必要とする情報を盛り込めば

SEO※としては優位に働きます。

Search Engine Optimization
SEO:検索エンジンの最適化

簡単にいえばGoogle検索などで上位に表示されること

そういう意味で
「お役立ち記事に価値がある」
は、確かに正しいのですけれど。

検索エンジンには効果があり
そういう記事が多くなれば
ブログ自体の評価は上がります。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

かといってそれしかニーズがないと
考えるのが妥当かどうかということです。

継続して読んでくれる読者がほしいなら
あなたがどうしてきたかを
考えてみればいいんです。

 

【ストーリー】興味をひくのは人物像!あなたの書く物語は共感者を集める

【ストーリー】興味をひくのは人物像!あなたの書く物語は共感者を集める

あなたがブログを継続して読む場合
「お役立ち記事」だけを読んでいますか?

書き手にも興味がわいて
次々と当初の目的以外の記事を
読んではいないでしょうか?

読者だって同じです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

あなたの記事から興味深い筆者像を見出したのです。

最初の記事は検索サイトから見つけたとしても
次々と別の記事まで読んでいるとしたら・・

その記事を書いた人物像に
「どんな考え方をするのか」と興味を持ち

その個性を読み取ろうとしているかもしれません。

 

個性にも興味がわくのが人間の特性

あなたの記事がお役立ち記事ばかりでも
その行間にある確かな個性の存在を感じています。

そんな方はあなたがどう思ったか
知りたくて読んでいるのです。

言い換えれば、あなたの物語を欲しています。
プライベートな側面であっても知りたいわけです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

日常の中の何気ない一コマであったり
若いころの失敗談だったり。

つまり、あなたのファンですね。
物語は読者を惹きつける力があります。

 

あなたの物語をブログに書いて心の距離感を縮めよう!

カッコいいタレントを
テレビでみて惹かれる人はいるでしょう。

・でも子どものときはいじめられていた
・売れない時代はこんなボロアパートに!
・食費を浮かすためにこんなもの食べていた

こんなエピソードを聞いて
急に親近感が増したりしませんでしたか。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

人が引き付けられるパターン
つまり「心の距離が縮まるきっかけ」
はよく似ています。

お役立ち情報だけでなく
あなたらしいトピックもたまには書きましょう。

自分の経験や考えを中心に書き
「こう思う」ではなく「~だ」と断定して下さい。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

あなたの身に起きたことです。
他人の見解は気にせず自分の考えを表現しましょう。

具体的にはプロフィールなどが
その代表例ですね。

あなたの提供する商品も
ストーリーの一環として
語ることができるかもしれません。

 

【関連性情報】記事同士を有機的につなぎ本命ページに誘導する

【関連性情報】記事同士を有機的につなぎ関連情報に誘導する

「1記事1テーマ」という原則をご存じですか?

ブログでは話題があちこちに飛ぶと
非常に読みづらいものになります。

伝えたい内容1つごとに1記事使うのが
基本ルールなのです。

 

1記事1テーマでは訴求力に欠ける

でもこのルールを守ると
想定したキーワードが一致しない限り
読んでもらえないことになります。

Googleの文脈の解析力は
かなり進歩していると言われていますが

類義語をどの程度まで
同一視してくれるかは未知数です。

あなたの意図通りにならない
可能性が高いですよね。

 

記事を内部リンクでつなげて記事グループを作ろう

そこで記事リンクを
うまく構成しておくことをおすすめします。

いわゆる「まとめ記事」が
記事のグルーピングに大きな役割を果たします。

私が採用しているのはこの構成です。

・サービスの紹介記事(またはランディングページ):少数
・中核となるまとめ記事:やや少数
・まとめ記事に対応する複数のお役立ち記事:多数

 

記事のカテゴリ分類も関連性を示すツールに

カテゴリは親子関係として階層化できるので
多岐にわたる記事をシステム的に構成できます。

親の部分(大分類)は
記事の分散化を避けるため
多すぎない方がいいと思います。

このサイトでは6種類に絞っていますが
トップページをPCでみていただくと
3種類×2段の構成です。

となると、3種類でもよかったかな?
という感じですね。

もちろんブログの内容や
記事の量しだいではあるのですが。

 

最後に:仕組み化により「読者ファースト」があなたの利益になる!

「スゴイ人に思われたい」だけでは
親近感は感じられません。

あなたが訴えたいのは
「役に立つ記事を書くスゴイ人」ですか?

あなたに魅力を感じてほしいなら
・もっと自分をありのままに書く
・日常の一コマを表現してみる
を加えてみてはいかがでしょうか。

恥ずかしい記憶、失敗したエピソードは
ぐっと心の距離を近づけます。

そういうことを吐露する
あなたの心の大きさも感じさせてくれます。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

ブログを仕組み化して
このような記事も読者に届けていきましょう。

読む人が満足し、少しずつファンが増えていきます。

そういうブログを読みたいと思うのは
私だけではないはずです。

Googleだって、あなたのサイトが
読者満足度の高いものなら無視できませんよ!

 

メルマガ購読はこちらをクリック


ps.

ブログ初心者はまず慣れることが重要です。
そのためには書きやすい
「お役立ち系記事」がピッタリ!

経験値が増えてくると
次第に関連する学びが増えていきます。

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログライティング
スポンサーリンク
じぶん・オンライン