ブログって毎日更新しなきゃダメ?自分で試そう!悩むなら工夫を!

ブログって毎日更新しなきゃダメ?自分で試そう!悩むなら工夫を!継続力

ブログが難しいと感じる原因の一つに
「毎日更新すべきか」という問題があります。

このプレッシャーに負けて
更新をあきらめていく人がたくさんいます。

今回はそんな方に向けて
私の考え方をお伝えします。

 

ブログって毎日更新しなきゃダメ?自分で試そう!悩むなら工夫を!

たいていの見解「できるなら更新したほうがいい」の意味

ブログ運営に関する情報は
ネットにいくらでも見つけることができます。

個々に言及はしませんが
それこそ無数にあるのです。

私もいろいろ読んでいますが
彼らの結論の多くは
「毎日更新した方が有利」
というものです。

気合いの入った人、自然体の人と
表現はいろいろですが

総じて
「毎日更新は(できるなら)した方がいい」
と勧めています。

 

確かに更新することが良い効果を生んだ例がある

確かに更新することが良い効果を生んだ例がある

Google内部から出た情報ではないので
その方の経験則が根拠になっているはず。

更新頻度による影響量はわからない

毎日更新をやるとやらないのとで
どのくらい有利・不利になるかまでは
言及されていません。

厳密に測定するなら他の条件をピタリと合わせて
更新の有無だけ変えて検証すべきですが

さすがにこれは無理ですもんね。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

まるで目的地が大阪だとして
「東京から西の方」と説明するのに似ています。

間違っているわけじゃないけれど
「どのくらい」というスケールが示されないと
具体的に判断できないですよね。

新幹線で2.5時間とか徒歩で20日とか。(笑)

あなたがご自分のブログで影響を受ける程度は
自分で検証する以外ないのです。

私の検証結果

そこで私が最近経験した生データをお伝えします。
200記事くらい公開しているブログです。

3日間放置したときに
1ページ分ぐらい下落したことがありました。
40位 → → → 50位

1日おきだとほぼ順位は変わらなかった。
40位 → 41位 → 39位

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

この経験から
もし記事の更新だけで上位表示を狙うなら
毎日更新しないと難しい可能性が高い」
と判断できます。

相対評価という面もありますし
トップ10と50位、100位では
動きが違うかもしれません。

 

衝撃!記事を増やしても順位が下がることも!

衝撃!記事を増やしても順位が下がることも!

もし記事数が多い方が有利なら
更新をゆっくりとでも続けていれば
次第に順位が上昇するはずです。

週1程度の更新を続けていた別のサイトでは
ほとんど変化がみられなかったことがあります。

それどころか50記事ではトップ20にいたのに
100記事近くになったらほぼ圏外とかも。

途中でコアアップデートの直撃を受けた例ですが
120記事まで追加しても
100位圏内にまったく復活しませんでした。

 

結論:記事量は直接的な原因ではない

更新頻度をあげれば記事数は増加しますが

こうした経験から
「記事数増加の影響は低いのではないか」
と考えています。

Googleがずっとアナウンスしていること

Googleサイドではずっと
「高品質の記事を書きましょう」と言い続けています。

低品質の記事がそのままでは
順位の上昇は望めませんよね。

問題は何が「高品質」と
判断されているかということです。

200を超える指標の合成値らしい

順位は数多くの指標を組み合わせた結果のようです。
単純な動きになるはずもありません。

しかも細かいルール変更は
毎日あると伝えられています。

いろいろ試してみて
結果から判断するしかありません。

自分で仮説を組み立て試していく力を身に付けよう

それでも・・
ある戦略に基づいた作戦を実行して

100位圏外から35~45位まで
回復しているサイトがあります。

期間的には1か月以上かかっていますが
Google砲をむしろ後押しにして
一気に順位が改善しました。
圏外 → 80位

もしトップページに返り咲くことがあれば
ノウハウを公開するかもしれません。

こちらはこうご期待!というところですね(笑)

でもGoogleのルール改正が年に何度もある以上
最終的には「自分で試していく力」
身に付けるしかないのです。

 

記事の更新で悩むときにやるべきこととは

やみくもに
行動することはおすすめしません。

前述のように記事だけ多くても
成果に結びつかないことがあります。

むしろ低品質な記事なら
公開すると順位が下がるかもしれない。

情報収集をして実験しましょう

上位表示したいという目的なら
情報収集は欠かせません。

そのうえで作戦を決めて
自分自身を実験台にして検証します。

ダメならその作戦が
ダメだったということです。

これも貴重なデータの一つになります。

 

最優先すべきは「役に立つものを書いているか」ということ

自分のブログなんだから
更新をサボっても
誰かに怒られるわけじゃありません。

それに記事さえあれば
誰かの目に留まる可能性はあります。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

数記事であれば
相手にされないかもしれませんが

ある程度の記事量があれば
しっかり発信していることを示してくれます。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

でも大事なのは量ではなく、質です。

たくさんあることよりも
読まれる記事を書かなくては。

読んでもらって
「よかったよ」といってもらえる記事を。

 

読者のためにライティングを学ぼう

「上手に書けないから順位が落とされる?」

この答えはYseでもNoでもあると思います。

そもそもAIによる日本語の自動判定で
細かいニュアンスの違いがわかるものでしょうか。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

たぶん違いますよね。

自動翻訳の結果を見ても
流ちょうな日本語を
構成する力がないのは明らかです。

どこか違和感のある
日本語の使い手でしかありません。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

ライティングの優劣はきっと
リアル読者さんの滞在時間に影響しているはずです。

最後までじっくり読んでくれる人が多いなら
「高品質な記事である」という
判定の材料になっているのでしょう。

伝えるためにもライティングは
学んだ方がいいと考えます。

 

ブログを続けたい理由を思い出そう

あなたがブログを続けたい理由はなんですか?
読ませたい・共有したいという想いはありますか?

ブログはビジネスとしても使えるツールです。
サービスや商品を説明できる
広告のようなスペースにもなります。

でもその前提は
『役に立つものを届けたい』
ではなかったでしょうか。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

ブログは「お金を生み出す力」も持っています。
でもそれは『貢献への対価』です。

貢献できなければ詐欺と変わりませんよね。
決して長続きすることはありません。

ブログを続ける以上
「貢献していますよ」
と胸を張れるような発信をしたいものです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

読まれているのは
文字の裏にあるエネルギーかもしれませんよ。

毎回じゃなくても構いません。
そんな記事を織り交ぜて書いてみて下さい。

意識するだけでも違うと思っています。
お互い頑張りましょう!

 

メルマガ購読はこちらをクリック

ps.

ブログに関するサイトでは
「100記事を目指せ」という
メッセージも多いですね。

私はこの期間のうちに
達成すべきことがあると思っています。
詳しくは次の記事にて。

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら

 

継続力
スポンサーリンク
じぶん・オンライン