ブログでメンタルを鍛える!書くことは自己確立とビジネスにも効く

ブログでメンタルを鍛える!書くことは自己確立とビジネスにも効くアウトプット(自己表現)
スポンサーリンク

ブログでメンタルを鍛える!書くことは自己確立とビジネスにも効く

元記事は2020年3月初旬に書いたものです。
ちょうど全国一斉に学校の休校措置が
とられた直後でした。

覚えていますか?
トイレットペーパー、次いでマスクが
店頭から姿を消し
日常生活に行動制限圧力が
強まってきた頃です。

「インターネットがあってよかった」
この1年間は今までになく
そう感じられた方は多かったはず。

リアルな営業に自信がなくても
同じ土俵で勝負できるドリームタイムは
今も続いていますよ。

発信を本格化してみませんか?
そんなあなたにヒントを。

 

文章のトーンを上げると主張が強すぎる?

ブログは言うまでもなく
文字を中心とするメディアです。

単なるノウハウだけでなく
自分の考え方も書くことになるため

「ホントにこれでよかったかな・・」
と思うことがあります。

 

強く主張すると文章がこわくなる?!

私の場合、ライフコーチという
カウンセラー系の仕事もしていることもあって
励ます立場になることが多いのです。

ブログ上で「励ましているつもり」であっても
上から目線&説教になっていないかというのは
毎回気にしています。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

強く主張すると、まるで怒られているように
読まれてしまう危険性が上がります。

かといってトーンを下げてしまうと
強調したかった内容が届きにくくなる。

リアルなら表情や声でニュアンスを
伝えることができますが、ブログでは・・。

 

記事の役割を意識して書き方を変える

「ノウハウだけ書く」のはラクなのです。
集客記事としても役立つのは確かですし。

だから心構えを中心に書きたいときは
ノウハウとは別記事にしましょう。

心情を細かく書いた記事と問題解決の
ノウハウ記事では、読者の属性が異なるからです。

ノウハウだけを読みにきた人には
不要なプレッシャーを与えてしまいますよね。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

ブログの中で、思考がウロウロしている様子を
実況中継するかのように書く人もいます。

同じ方が別の記事では、理路整然とノウハウを
解説していたりします。

どちらが正しいというものではありません。
そのときそのときで響く相手が違うのでしょう。

 

書く難易度をコントロールするには相手を絞る

なかなか文章がまとまらない方は
複数の読み手を想定していませんか?

たとえば個性派3人に共通する
「読みやすい文章」って
難易度が高すぎだと思うのです。

話題もかなり限定されてしまうので
あっという間にネタ切れの危機を迎えます。

 

読者像を1人に!ペルソナを決めると書きやすくなる

だからその記事は読者を1人に絞りましょう。
『ペルソナ』ってやつですね。

その人に向けて書く”お手紙”にしちゃうわけです。
これなら、かなりスムーズに書けるはず。

あなたと私という関係なら話題は大きく広がります。
リアルな友人と雑談するイメージですね。

 

活用すると膨大な文字量に変わる音声の魅力

話すことならできるけど書けない・・という方は
数分間話したものを録音して
文字起こしをしてみることをお勧めします。

表情やニュアンスなどを補うと
文字でもわかる内容に仕上がるはずです。

しかも情報量が多いことに驚くと思います。

録音を活用するのは
ネタ対策としても有効なのです。

 

情報発信を続けることで心を鍛える

批判を恐れて周囲の目を恐れる姿勢に
あなたは魅力を感じますか?

ブログを書きたいときに書く。
思いついたら書く。

誰かを傷つけるのが目的でないならOK!
本来、ただそれだけでいいと思うのです。

ビジネス色を出すなら
何で貢献できるかという情報が加わるだけ。

 

批判のプレッシャーを克服する場としてブログは最適

ブログを読んで「間違っている!」と
思う人がいるかもしれません。
でも万人の見解が一致するわけがない。

だったら良心のまま好きなように
書けばいいのです。

どう感じたか、思ったかは読み手の問題。
あなたはキッカケを与えただけなのですから。

炎上目的の方は
別の意図があることは明らかです。

ブログのコメント欄を閉じておくと
それすら心配不要になります。

 

クローズな発信を併用する方法も

想像上の”周囲の目”が気にならなくなると
批判にも耐性ができ、メンタルも強くなります。

情報発信を続けると
周囲に惑わされることが減少するのです。

まして書く行為は
「自分との対話」でもあります。

自分軸がいやでも強化されます。
自分の感性を何よりも大事にするはずです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

もしそれでも多様な読者像が気になるなら
メルマガなどのクローズな場を
活用することをおすすめします。

事前に登録した人しか読めないですが
これが心の距離を縮めるツールにもなる。

わざわざ読みにいくブログと
お届けするメルマガでは
「距離感」が変わるのも当然です。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

私もメルマガを発行しています。
現在は週2回程度の発信です。

やってることは心に浮かんだことを
文字にしているだけですが

読者が限定されてるので
親近感をもって書けている実感があります。

好奇心のある方はぜひ!

 

メルマガ購読はこちらをクリック

 


ps.

書くことに疲れたら
話すこともチャレンジしましょう。

気分転換にもなりますし
なによりもスピード感に
圧倒されます。

 

おすすめの【関連記事】はこちら
 >> 書くのと同じくらい重要?話すことで気づきのヒントが生まれる!く

おすすめの【まとめ記事】はこちら
 >> 【アウトプットとメンタル】表現を始めると、まず自分が変わり出す!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アウトプット(自己表現)
スポンサーリンク
じぶん・オンライン