アドセンスに合格した決め手はコレだった!

ブログ運営法

アドセンスの合格の決め手となったもの

ブログを書いていると
「収益化したい」

という気持ちが出てくるかもしれません。

実はアドセンスに挑戦しておりました。

 

アドセンスってご存知ですか?

Google Adsense(グーグル・アドセンス)とは
あなたのブログの一部のスペースを
グーグルに貸すというもの。

グーグルはそこに広告を表示します。

もしそこがクリックされたら、自分の報酬になるのです。
いいでしょ!?

自分のブログに人気があれば
沢山の人が読んでくれます。

そこにアドセンス広告が設置してあれば
一部の人はクリックかもしれない。

 

お気軽なマネタイズ手法として有名

だいたいこんな流れです。

①問題解決をした自分の経験を書く
②それを読んだ誰かの役に立つ
③一定の確率で関心のある広告をクリックする人がいる
④グーグルから自分に報酬が入る

簡単にいえば
ブログで貢献を果たせば果たすほど
アクセスがあがり

結果として
お金というリアルな報酬を得ることができる
・・というわけです。

しかも売り込み不要ですからね。

ブログ運営者のモチベーションを上げる
スゴイ仕組みだと思っています。

 

アドセンスには審査がある

アドセンス広告は誰にでもわけではありません。
グーグルが行う審査に合格する必要があります。

昔は簡単だったらしい・・。

今は独自ドメインでなきゃ審査すらしてくれません。
だからアメブロのような無料ブログでは参加できないのです。

ググってみると、結構キビシイもののようで。。

でも10記事未満で一発合格という人も見かけました。

よくよく読んでみると
記事一つで1万字近い文字数でした!

私のブログは概ね1500~2000字くらいが多い。
正直無理だと思いました。

 

実際申請してみると・・やはり不合格!

80記事を超えるブログで申請してみたのです。
翌日に返答が来て、あっさり不合格。

画面キャプチャーとらなかったのでお見せできないですが
「大した内容じゃないからダメ」という内容。

正直凹みましたよ・・。
記事量には自信があったので、ショックだったのです。

どこを直せって具体的指示はないんです。
ですので、いろいろなサイトをみてヒントを探しました。

・プライバシーポリシーを設置

・サイトマップの設置

・別ブログへのリンクを削除

・アフィリエイトリンクは設置なし

このあたりはとっくに整備済みでした。

 

じゃあ記事がダメ?

内容が乏しいって言われても。
そんなぁ・・(泣)

ずっと、そういう記事書いてきたのに。

疑心暗鬼になるばかり・・。

 

なぜ不合格に??

ライフコーチサイトでは
悩み事や、マインドセット(心構え)などの話が多いのです。

アドセンスでは、ヘルスケアに関連した
特定のコンテンツはダメとされています。
(例えば未承認の医療品やサプリメントなど)

広く健康系がダメということではなさそうですけどね。
もし一緒にされていたら、アドセンスはあきらめるしかありません。

 

別サイトでも挑戦。でもやっぱりダメ!

そこで全く別の個人のブログを申請したのです。

記事数は15件ほど。
実はご覧いただいているこのサイトがそうなんです。

毎日、記事を上げて結果を待ちました。

たいてい1日~2日で審査結果が来るということだったのですが
10日を過ぎても返答がなく
2週間位になろうかという時期にあえなく却下の通知。

その理由は同じく「大した内容じゃないから」でした。
ガーン!そうなら早く結果だけでも教えてくれればいいのに。

 

とうとう合格!その理由は?

記事数は25個くらいになっていました。
扱っている内容は特に注意が必要なタイプでもない。

ワードプレスを入れてから3週間くらいでした。

「開設からの期間が短すぎた?」
「文字数が少ない?」
いろいろ考えましたが、グーグル側を想像してみたんです。

全国、世界から申請が来ているだろうに
どうやって審査しているのだろうと。

日本語の文脈を最後まで読んで
有益かどうかみているわけではないと思いました。

「問題があって、こういう背景があって
自分ならこう考える」

この表現を文字ベースでやってますが
さすがにAIでもキビシイだろうと。

書き方には個人差があります。

だからそういう文脈判定ではなくて
客観的な視点で自動的に判別しているはず・・。

一部は人が関わっている可能性はあるとしても。

 

これで合格しました

そこでちょっとひらめいて
再申請してみました。

翌朝おくられてきたのが、こちらの合格通知!

つけ加えたのはたった1個の記事でした。
・いつもよりもやや多い分量(3000字)

・いつものアイキャッチ用の無料写真1個に画面キャプチャーを3つ追加。

・専門用語を多数使用

多少、いつもよりは解説っぽい感じにはなりました。

その記事はこちら。

PageSpeed Insightsの評価が劇的に改善したある方法とは?
サイトのスピードアップに成功した私の方法について。いろいろなキャッシュに関するプラグインを試したところ、効果的なものもありましたが不具合が発生し、大幅な向上は断念せざるを得ませんでした。しかし全く違うアプローチが劇的な効果を生んだのです。

自分としてはずっと取り組んできた
テーマでしたから、あっという間に記事になりました。

決して難しい記事を書いた感じではないのです。

 

アドセンスには波及効果も

調子に乗って複数あるライフコーチサイトも申請してみました。

・80記事の前回ダメなサイト① ⇒ 合格

・次は40記事超の未申請のサイト② ⇒ 合格

・短い記事(1000文字未満)ばかりのサイト③ ⇒ 合格

①は前回ダメ判定を受けた後に何もしていないサイトです。

 

別サイトできちんと合格していたら
問題ないということかもしれません。

結局手がけた全てのサイトで合格しました。

 

いろいろ考えられている広告システム

最初は敬遠していました。
記事が読みにくくなるんじゃないかと。

自分だってサービスを告知するわけだし
自分のサイト内で競合するのはあまり面白くない。

ところが、読者ごとに分析して
効果的な広告を出してくるようになっているらしい。

であるなら、
読者さんの利便性があがると言えるかもしれない。

 

現在も試行錯誤しています

ブログを推奨している手前
お金を生み出すなら、自ら実験しておきたい。

そんな気持ちもありました。

私にとっても初めての分野なので
いろいろ勉強しないといけないようです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ運営法
スポンサーリンク
じぶん・オンライン