人気のアメブロどう使う?私がワードプレスと併用している理由とは

アメブロの話

人気のアメブロどう使う?私がワードプレスと併用している理由とは

今回はアメブロを利用されている方に
向けてのメッセージです。

ちなみに私もアメブロを使っていて
公開した記事数は200を超えています。(2020年末時点)

私の運用しているブログの中では
記事数が最も多いですが
それでもサブ的な役割と考えています。

その理由についてお話しますね。
アメブロで苦戦されている方にはヒントになるかも。

 

使いやすいアメブロ!でもライバルも多い!

ブログデビューはアメブロで

アメブロといえば
サイバーエージェントが提供する
国内トップの無料ブログです。

パソコンでもアプリからでも投稿でき
使い勝手も悪くありません。

そのため
「ブログやるならまずアメブロから」
という人も多い。

サービス開始から15年で
会員数6500万人に達したそうです。
>> Ameba15周年記念サイト

特に女性ユーザーが多いのが特徴で
30~40代の女性で全体の5割ほど
20~50代に広げると7割に達します。

アメブロ内は同業者が多い

ユーザー数が多いということは
「ライバルが現在も多い」ということ。

使い勝手が良くて参加が簡単ということは
「ライバルが将来も増え続ける」ということ。

アメブロを主戦場に選ぶなら
まず埋もれない工夫が必要であろうことは
容易に想像できますね。

あなたは差別化をどう考えていますか?

実はお客さんがいない?

フォローしてくれている人をみると
例外なく事業者という印象です。

アメブロのアカウントを持っていないと
そもそも「いいね!」「フォロー」が
できないのですけれど・・。

ある記事で「いいね!」が100人超に達しても
アクセス数は数件というのはよくあります。

※アメブロのアクセス数には
いいね!をした人はカウントされない

私が買ってくれることを期待して
フォローしてくれている事業者ばかり?!

 

アメブロの怪?フォローワーが増えても読まれない不思議

アメブロに用意されているSNS機能は
(いいね!、フォロー/フォローワー制度)
さほど役に立っていない気がしています。
※フォローが増えてもターゲットとなるアクセスが増えない💦

アメブロからの誘導は機能していない

これに関しては継続的に実験をしています。

300~600字くらいのトピックだけ書くようにして
主な内容はワードプレスの別サイト
(つまり、ここなど)に誘導しているのです。

Google Analyticsを使って
アメブロからの流入を検証してみると・・

ほとんどありません。
つまり読まれていないのです!

もちろん魅力的な内容でなかった
・・ということもあるでしょうけど💦

アメブロの不可解なフォローワーの挙動

ふと気になったのは、見覚えのある方が
何度も新規フォローワーになっているという事実。

私はフォローしてもらえたら
よほどのことがない限り
お返しにフォローしています。
(フォローバック)

変ですよね。
なぜ同じ人を何度もフォローしてくるのか。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

実はフォロー解除しても
ブログ主に通知は来ません。

でも不自然だよな・・。
3回も4回もやるかなぁ?

フォロー解除しなければ
再度フォロー申請はできないのです。

だからフォロー解除を
何度もされていたことを示しています。

アメブロにはアクセス数を増やすツールがある

アメブロのフォローワー申請には1日50件
全体で1000件という制限がありました。
※現在は改定されて
直近24時間で200件、全体で2000件です。

自動化ツールと呼ばれるソフトがあるんですね。
「アメーバキング」なんかが有名ですが
他にもいろいろあるようで。

こういうものを使ってこっそり(?)解除しては
機械的にフォロー申請していくのですね。
月額課金制で月3000円ほどです。

この手法はコンサルがよく紹介していたりします。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

解除しても特に通知がないので
自分が解除しても相手にはわからない。

当然相手から解除されないので
結果としてフォローワー数が増加していくのです。

ご丁寧に申請時に
コメントまで送ってくるケースもありました。

毎回コメントがちょっとだけ違うんですよ。
技の細かさに笑ってしまったけれど・・。
これもシステムによる自動応答なんでしょう。

告知記事の反応をみてわかること

だから告知記事を熱心に書いてみても
「申込み」や「お問い合わせ」につながらないのです。

私の場合、あまり告知記事を書いていないのが
直接的な原因だとは思いますが 💦

記事に関心を持たない
数だけのフォローワー数が優位に働くのは

こんなにフォローワーがいるなら
まともな人(商品・サービス)に違いない

と推定される可能性があるということだけ。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

実際、大した情報でもないのに
やたらフォローワーが多いブログをみると
不自然さしか感じません。

だって記事が数件しかなく
その記事だって全然ボリュームがない。

なのにフォローワーが千人単位って・・?

 

アメブロでは差別化できないと勝ち目はない!

差別化戦略を考えていますか?

ワードプレスにはさほど
コストがかからないって知っていますか?
月あたりで1000円ほどです。

ですので技術的なスキルの有無が
事実上の参入障壁になっています。

仕組み&知識量で差別化する

ワードプレスサイトの運営者は
こんなことを日常的にやっています。

「サーバーを借りて、ワードプレスを導入して
SEO(検索エンジンの最適化:検索での順位)を
気にしながら記事を書いていく」

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

知識のない人、これからやろうという人には
確かに厳しい関門なのかもしれません。

学習は可能で情報もあふれていますから
心理的な関門にすぎないと思っていますが。

だからこそ・・なんですよ。

勝てるとは限らないけれど
参入してくるライバルは限られています。

しかもワードプレスはSEOに強いんです。

圧倒的な更新頻度で差別化できますか?

サービスが良ければ黙っていても売れますか?
たぶんダメですよね。

バンバン成果を出している方は
アメブロで圧倒的な情報量を出しています。
毎日更新は当然、日に数本出している人も。

ちょっとマネできないですよ~。
そうしないと差別化できないからです。

あなたはそんな人と競っているのです。
今のやり方で勝ち目ありそうですか?

「サービスを求める人」に選択的に届きますか?

キーワードでググっている人は
「何かを求めている人」です。

ただ漫然と読んでいるわけではなく
反応性が高い人が多く含まれています。

こういう人に届けば
ビジネスの可能性が生まれます。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

ワードプレスは、この検索に強い仕組みなのです。
一方アメブロは明らかに弱い。というのも・・

・かなりの割合で検索対象にすらならない
(検索エンジンにインデックスされない)
・検索対象になるのはアメブロ内での高評価の記事のみ
(検索結果がアメブロ記事ばかりになるのを避ける)

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

2020年5月のGoogleコアアップデートでは
以前よりはアメブロサイトに
有利になった気配はあります。

でもこの原則は変わらないみたい。
よほど評価が高くないと表示されないですよ。

一方ワードプレスでは
よほど低品質でなければインデックスされ
評価の対象となります。

書いた記事が良質であればあるほど
検索結果として目にされる機会が増えます。

だからワードプレスの記事を
「資産」に例える人がいるんです。

アメブロでは資産になりにくい・・。

 

それでもアメブロ使うならこういう場合だ!

もちろんアメブロにも良さはあると思うのですが
明らかに弱点があるので
補助的に使うことをお勧めします。

ユーザー特性を活かせるサービスを持っている

あなたの提供できるものが
女性、特に30~40代のユーザー層を狙えるなら
勝ち目がないわけじゃありません。

多数のタレントブログに関心を持つ層を
ターゲットにできるなら・・ですけど。

事業者ばかりということを考えると
「先生の先生」を目指すのもいい。

そうなると「キラキラ系」なのかな?
確かに多い気はします。

会食してスキルが上がるなら
確かに魅力的ですけどね。

ランキング制度で上位を目指す?!

独自のランキング制度もあるので
つねにトップ10以内に表示される自信があるなら
それなりに読まれるかもしれません。

評価基準がよくわからないのはSEOと同じですが
バズることができれば
数日間はアクセス増が期待できます。

やる気を出せる!モチベーションアップに

ブログ開設当初からアクセスがあります。

ほぼ業者だとしても、初期アクセスの期待できない
ワードプレスよりはモチベーションが続きやすいです。

反応がないのに記事を書き続けるのは
ガマン大会のようなものですから。

 

結論:結果に結びつくことを優先しよう

いずれにせよお客様に見つけてもらえないなら
ブログはあなたのビジネスの力になってくれません。

ゴールに近づけないのなら
忙しい方は手を出すべきではありませんよね。

趣味なら別ですけれど。。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

私はワードプレスを中核にすることをおすすめします。
技術的な壁を超える方法はいくつもあるんです。

ニーズが大きいこともあって、ネット上には
有料・無料情報が豊富にあります。

私も提供していますので
ぜひあなたの選択肢に加えていただけると嬉しいです。

現在もブログを運営していて
そこで得たノウハウをシェアしています。
参考までに (笑)

 

◆ライフコーチスキルを活用した独自サポートが好評の
>> ワードプレスブログ支援サービス
◆自分のペースで安価に学べる
>> ワードプレステキスト&動画講座

 

まずは自分のノウハウを高めること。
そこから逃げないこと。

継続して結果を出したいなら
正攻法以外に勝てる方法があるのでしょうか?

逃げ道があったとしても
あなただけに開けているわけがありません。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

だから私は一緒に作る時間を大事にしています。

しかも学んだノウハウが
あなたの手元に残るサービスです。

ピンときたらアクションしてみて下さい。
決断の早い・遅いは
ビジネス上のチャンス獲得に大きく影響します。

サービスの提供をしているなら
あなたも事業者なんです。

経営者として、社長として
その判断で本当にいいですか?

 

メルマガ購読はこちらをクリック

 


ps.

それでもアメブロも活用したい・・とお思いなら
実際に試して経験されることをおすすめします。

軸となるワードプレスとの差を意識すると
不思議と理解しやすいですよ。

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アメブロの話
スポンサーリンク
じぶん・オンライン