必要?不要?アメブロのカスタマイズを差別化の観点から考える

必要?不要?アメブロのカスタマイズを差別化の観点から考えるアメブロの話

必要?不要?アメブロのカスタマイズを差別化の観点から考える

「デザインを変更したいので力を貸して」
と友人から連絡をもらいました。

起業仲間にはアメブロやっている人が多いです。
うまくいっているのかな?そこはわかりませんが。

ライバルが多すぎて埋もれてしまう気がします。

記事を毎日書く人も大勢いますから
同じことやっても差別化にはならないでしょうね。

 

アメブロのデザイン変更には3種類の方法がある

昔のブログによくあった着せ替え機能ですね。
アメブロには3つの方法が用意されています。

①選択するだけで雰囲気を簡単に変更するもの

ヘッダーの写真、背景の装飾などがパターン化してあるので
選ぶだけで変更できます。ただし各パーツの組み合わせは変更できません。

②特定部位だけ変更できるもの(カスタマイズ可能デザイン)

ヘッダーや背景だけ簡単な操作で変更できます。
必要な画像ファイルをアップロードするだけです。

③ほぼ全体にわたって変更できるもの(カスタマイズ可能デザイン)

CSSという情報を編集することで広範囲に変更できます。
もともとのデザインになかったメニューボタンを追加したり
細かいデザインの変更もできます。

私のアメブロサイトは③のパターンだったので
問合せがあったというわけですね。

 

埋もれないためのアメブロのカスタマイズとは

ポイントは2つほどあるように思います。
順番にご紹介しますね。

使いたいイメージ画像がある場合

ヘッダー写真のインパクトは大きいので
自分の提供するサービスに合う画像があるなら
ヘッダーに組み込んだ方がいいです。

見かけがガラリと変わります!

上記①のパターンだと
日記調になるのは避けられません。

専門性を出したいなら
イメージ写真は必須だと思います。

メニューボタンを用意して動線を作りたい場合

例えば
・サービス紹介記事に飛ばすためのボタン
・お申込み・お問合せページへのリンク

こうしたものをメニューボタンとして
常に表示しておくとわかりやすいですよね。
機能追加することで利便性が上がります。

これは上記の③だと可能です。

どちらでもない場合にはカスタマイズは不要

理由は技術的なハードルが高く、手間がかかるからです。
時間や労力・コストに合わない可能性があります。

人が見た目のインパクトで影響されるのと比べると
検索エンジンは画像情報を軽視する傾向にあります。

画像の中にキャッチコピーを配置しても
SEO上の意味はないようです。

人や機能を重視するならGOですけれど
「中身で勝負」タイプの人は
あえてやらなくてもいいと考えます。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

しかもパソコン版しかカスタマイズできません。

スマホアプリのデザイン設定では
①タイプの選択はできますが
②・③タイプはありません。

スマホでのアクセスが多い現状を考えると
積極的にやらなくても・・という感じです。

 

もし本格的にカスタムするならデザインはこれを選ぼう

まずアメブロで「デザインの設定」から
カスタム可能デザインを選択します。

その中から「CSS編集用デザイン」を選択します。
※全部で4種類ありますが
3つ並んでいるうちの真ん中「スタンダード」がおすすめ

「現在使用中のブログデザインCSS」
という項目に情報を追加していくと
デザインがみるみる変わっていくのです。

具体的な操作方法については
別資料にまとめたので、ここでは割愛します。

 

ワードプレスサイトに似せることもできる ~記事vs固定ページ~

ワードプレスには
「記事」「固定ページ」
という異なる概念があります。

「記事」には順番があります。
新しいものが加わるたびに
だんだん先頭から離れていきます。

一方、サービス申込みに使う
ランディングページ(LP)ですが

これは「固定ページ」に記載することが
一般的です。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

「固定ページ」には
前・後という順番の概念がありません。

必要であればいつでも呼び出して
表示することができます。

メニューボタンから飛ぶ先は
通常「固定ページ」になります。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

アメブロには固定ページはありません。

でもリンクを設定すれば
特定記事を呼び出す「しかけ」を作ることは可能です。

例をあげると
・メッセージボードに記述することで
ブログ先頭に常に特定記事を表示

・メニューボタンにリンクさせて
特定記事を呼び出し可能に

 

まとめ:カスタマイズよりを記事作成を優先しよう

ワードプレスはもちろんのこと
アメブロでもSEO対策を考えた方がいいです。

上位表示されたら
アクセス数は勝手に上がりますから。

そこに必要なのはデザインではないのです。
どうしても必要な場合に限ると考えてみて下さい。

役に立つ情報を提供したいなら
記事の作成が一番です。

わかりやすいこと、必要とされていること。
そんな記事がたくさんあれば
きっと上位表示されアクセスも上がることでしょう。

 

ps.

おまけです。
アメブロカスタマイズの手順をまとめた
資料を作成しています。

3分冊で50ページほどあります。
このアメブロサイトを作るまでのマニュアルです。

学びのブログ ~初めてのアメブロ~
ひよっこ(ライフコーチ)さんのブログです。最近の記事は「最初の一歩(画像あり)」です。

以前はメルマガ特典としていたのですが
サポート抜き・独習ではどうも難しい。

そこで希望者に限り提供しています。

まずはメルマガに登録いただき
その旨お知らせください。

サポートは有料とさせていただきます。

 

メルマガ購読はこちらをクリック

 


pps.

アメブロに限りませんが、ユーザー数の
多いサービスには利用価値があります。

私のもう一つのアメブロ活用法を
まとめてみました。

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アメブロの話
スポンサーリンク
じぶん・オンライン