スランプだ!ブログ記事を書けないときのモチベーション復活作戦

スランプだ!ブログ記事を書けないときのモチベーション復活作戦モチベ維持のヒント
スポンサーリンク

スランプだ!ブログ記事を書けないときのモチベーション復活作戦

習慣って面白いものです。

ブログを書くことが習慣化すると
更新作業にストレスをあまり感じません。

でも逆に、一度止まってしまうと
再開することが非常に苦痛になるのです。

ブログスランプになる理由とは

気が乗らないとか
書くべきテーマが見つからないとか
書いても面白くなさそうだとか。。

アイデアが枯渇したように感じて
パソコンを開かなくなってしまうのですね。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

私も何度も経験しています。

「また今日も書けなかった・・」
一人で落ち込むこともありました。

このスランプの大半は
「再開時のハードルの高さ」が原因だと思います。

負担がかかるブログ更新は避けたいのが本音

まずこのスランプの仕組みを考えてみます。

「ブログを書く」というのは
自分に負荷をかける行為です。

だからやらずに済ませたいと思う
のは当然のこと。

義務感だけでは
長続きしないのはハッキリしています。

やせなきゃ・・と思っても
ダイエットできないのと同じ。

自分を責めてみても
セルイメージが下がるだけ。
弊害ばかりなのです。

ブログのメリットを実感するまで時間がかかる

一方メリットがはっきりしていても
手にした時の喜びが具体的に想像できないと
モチベーションに火は付きにくいものです。

読者さんからメッセージがあったり
アクセスが大幅に伸びていれば別ですが。

ブログ運営開始して数カ月~半年ほどは
目立った動きがないのが普通です。

だからメゲてしまいやすい。
黙々と更新し続けることはツラいのです。

この期間を無事通過できるのは
半分ほどというデータがあります。

 

解決策1:未来の読者を想像してみる

未来の読者を想像してみる

誰もどうせ読んでくれない・・と思ったら
意欲はさらに減退してしまいます。

でも安心して下さい。

一度読まれるようになったら
さかのぼっても読むマニアも
きっと出現するはずです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

だったら、未来に出現するであろう
読者に向かって書けるんじゃないですか?

たまたま読者さんに会う機会があって
「いつも読んでます!」
「前回の記事に感動しました」

こうした声をかけてもらう光景を
想像してみて下さい。

 

解決策2:過去の自分または自分に近い人へ向けて書く

過去の自分または自分に近い人へ向けて書く

読者さんを具体的に想像してみます。
その性格(ペルソナ)は過去の自分自身がベース。

かつてのあなたに似ている人ばかり。
喜んでくれるに決まっています。

昔の自分がかけてほしかったメッセージを贈ろう

かつての自分に響くように
書けばいいのです。

・声をかけてもらいたかった言葉
・心に押し込めてしまった言葉
これらをつないでいけばいい。

文学作品を書く必要はないのです。

自分へのプライベートな手紙として書けば
きっと刺さるメッセージになります。

完成度がほどほどでも公開しよう

素晴らしいものを書きたいと思っても
自分でゴーサインを出せなければ
いつまでも公開できません。

こんなときは完成度が60~70%でも
公開することを優先しましょう。

下手でもいいじゃないですか。
気がついたら後でだって直せるんですから。

一つでも多く公開して
停滞状態を打ち破ることを優先します。

 

ピンチ!どうしてもネタが浮かばないときは

ピンチ!どうしてもネタが浮かばないときは

じゃあ書いてもいいかな・・と思っても
何を書こうか浮かばないときもあります。

まずは文字を入力してみよう

人により答えは違うと思うけれど、私の場合は
とにかくキーボードを開いて書き始めるのが鉄則

朝起きて目に入ったものでもいい。
会話の中でピンときたもの。食事の内容。
何気なくスイッチを入れたテレビ番組のことでも構わない。

大事なのは文字を入力してみることなのです。

まず1行を入力し、続きが浮かんできたら
続きを書いて少しずつ伸ばしていきます。

原稿は呼び水を必要とするようです。

書き始めたその後は

続きが勝手に生まれていくのが
不思議なところだと思います。

もちろん、最初の書き出しとは
全然違う内容になることは珍しくありません。

そんな時はどうするかって?
カンタンですよ。
最初の書き出しは消してしまうのです。

ただし消すのは最後の最後にしましょう。
復活させるのが大変です。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

実は浮かんでくる文脈は
順不動であることが多いのです。

だから読者側の視線で考えた時に
「???」とならないように
順番だけは整理する必要があります。

 

しまった!結論が前回と同じに!

最初に書いた文章が呼び水になって
次々と入力していくことができた。

気持ちよく終わろうとしたら、
「あれ、最近もこんなこと書いてたような・・(汗)」

反応するポイントは人により異なる

慌てて前回の記事を読み直して
ボツか・・と肩を落とさないで下さい。

同じジャンル・同じ結論でも問題ないのです。

だって読者さんは
すべてが同じ切り口で反応するわけじゃないからです。

前回の記事で反応してくれたAさんには
今回の記事は響かないかもしれない。

でも前回響かなかったBさんに
深く届くかもしれないのですよ。

大事なことだから「また書きました」

もし結論が同じだったら
それだけ重要ということです。

あなたのブログに頻繁に出てくるなら
あなたにとって
重要な意味を持つテーマかもしれません。

「ライフワーク」をそういうところから
発見することもありますよ。

※このブログでは、どうしてもブログに関する技術論より
マインドセットを扱ってしまう傾向があります。
カウンセラー職が本業だからかもしれません。

 

ps.

スランプから無事脱出できたら
習慣化できるようにした方がいいです。

でも脱出方法を知っていれば
別に怖くもないのです。

毎日書く人もすごいけど
じっくり熟成した内容を温めているのだとしたら
ダメと結論づけるのはまだ早いですよ。

見出し部分の構成を考えてから書き出すと
内容が蛇行運転するのを避けることができます。

マイペースでいいので続けましょう。
ブログ更新を1年後も続けているのは
10%に満たないそうです。

 

メルマガ購読はこちらをクリック


pps.

ブログ作業は一人で行うために
自分の内面との対話も大きく影響します。

その多くは何度も繰り返し訪れ
あなたの手を止めてしまうのです。

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
モチベ維持のヒント
スポンサーリンク
じぶん・オンライン