まだ古いWindowsなの?セキュリティ対策には最新バージョンから!

ブログ運営法
スポンサーリンク

まだ古いWindowsなの?セキュリティ対策には最新バージョンから!

パソコンでアクセスされている方は注目です。
あなたのパソコンはWindwos7ですか?

パソコンが古いOSのままだと
セキュリティの面から危険性が大きくなります。

パソコンを買い替えなくても
最新OSに変更できるのです。

知っておくて損はないです・・。
ただし人を選びます。

 

Windows10の提供は今も続いている

実はWindows7の正式サポートは
2020年1月14日で終了しています。

一方で「Windows7⇒Windows10」の
無料更新キャンペーンは

2016年7月に終了したはずですが
実際にはまだ続いていました!

本家サイト(マイクロソフト)はこちら
⇒ Windows 10 のダウンロードサイト

 

私もあきらめていた古いPCを
2019年11月にバージョンアップしましたよ。

もともと1年間のキャンペーン期間しか
無償バージョンアップにならないという話でした。

そのあとでWindows7搭載の中古パソコンを購入したので
Windos10を購入しないとダメかと思い込んでいました。

もちろん正規版の単独OS※として売られている
Windows10は有償です。
※OSとはパソコンを動かすための基本ソフトのこと

USBメモリにセットされた形のものは
16,000円前後ですね。

中古パソコンを1万円くらいで購入しているのに
そんなにOSにお金を使うのもどうかと思って・・。

時期がきたらパソコンを廃棄するつもりでいました。

 

使い慣れたWindows環境はやっぱり使いやすい

代替OSとしてLinuxとかも考えましたけど
どんなに似ていても操作感が違います。

他のPCとの連携もやりにくいので
やはり同じ環境であることは重要です。

ちなみにそこそこ古いPCでも動作するので
考えようによっては意味のある選択肢にはなります。

ブログとかネット作業だけなら、特に問題にならないはず。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

ちなみにWindows10はずっとバージョンアップが続きます。

「今までのように一定の年数がたったら
新しいOSが出てくるというものではない」

・・と雑誌で読んだ記憶があります。

となると、Windows10に更新しておくのは
やはり安心ですよね。

継続的に更新作業をしていくなら
ずっと使えるようですから。

 

iPhoneのiOSとは異なるアプローチ

例えばiPhoneで使われているiOSは
新機種とさほど変わらないタイミングで
新しいバージョンが発表されます。

で、サポート対象の機種も発表されるわけです。

ただし、4回分つまり4年ぐらいは
新しいバージョンが使えるけれど
古くなると更新の対象から外れていきます。

私の場合だと、最初に使ったiPhone6は
最新のiOS(iOS13)の対象から外れていました。

こうなるとインストールできないアプリも
増えてくるため、買い替えないわけにはいかなくなります。

今使っているのはiPhone8なので
あと2年くらいでしょうか。

バッテリの交換だけでは不十分なのですね。

 

無償アップデートは準備が必要な「人を選ぶ」サービス

Windows7⇒Windows10への具体的なやり方は
ここでは紹介しません。

おおまかにはこんな手順ですね。

・交換用にSSDを購入する
・現在のHDDをSSDに複写する
・HDD→SSDに換装
・SSDをWindows10に更新

不具合があったら元のHDDに戻せばいいので
安心できるやり方です。

でも・・。

ググってみて具体的手順がピンとこないなら
やめておいた方がいいと思います。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

この種の作業にはリスクがあるので
トラブったら戻せるようにしておくのは必須です。

このやり方ならWindows7のディスクが
オリジナルのまま残るので最悪の事態は避けられます。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

技術的に不安なら
パソコンを新規購入した方がいいです。

使う時間がもったいないからです。

不具合なく安全に動く環境をさっさと手に入れて
やるべきことをやった方がはるかにいい。

ブログ運営目的なら安いパソコンで構いません。
数万の特価品でも、中古パソコンでも十分です。

メーカーなり販売店なりが
サポートしてくれるのは心強いです。

聞ける相手がいること自体が重要です。

趣味としてプロセスを楽しみたいなら
リスクを覚悟して下さいね。

 

メルマガ購読はこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ運営法
スポンサーリンク
じぶん・オンライン