ブログのデザイン作業は短時間に限る!あなたの時間を奪う危険なワナ!

ブログのデザイン作業は短時間に限る!あなたの時間を奪う危険なワナ!ブログ運営法
スポンサーリンク

ブログのデザイン作業は短時間に限る!あなたの時間を奪う危険なワナ!

元記事は1年半前くらいに
書いていたものですが

デザインについて大きく見解が変わりました。
そこで加筆修正して再アップしています。

以前読まれていた方ごめんなさい。
前言撤回させていただきます。

 

ブログのデザインに時間をかけてはいけない!

私はブログのデザインに
かなりこだわった時期があるのです。

でも今の持論としては表題の通りで
「デザインに時間をかけるのはムダ!」です

 

原因はスマホに対応した「レスポンシブデザイン」が普及したこと

原因はスマホに対応した「レスポンシブデザイン」が普及したこと

同じデザインデータであっても
スマホでもPCでもキレイに表示してくれる
「レスポンシブデザイン」

しかしその弊害が・・。

スマホでアクセスする人が激増して
細かなカスタマイズは
さほど意味をなさなくなりました。

私はそう考えています。

 

パソコンとスマホでは表示デザインが変わる

例えばヘッダー画像では
パソコンとスマホでは見え方が違います。

サイドバーだって本文の下に表示されるし
左右分割した構成のときも
上下に分かれて表示されます。

表示面積が違うことに起因する工夫なので
仕方がないのですが。

縦横比率が変更されたり
位置関係まで変更されてしまったら

・・デザインどころじゃないですよ。

 

デザインよりもブログに大切なことはいっぱいある!

デザインよりもブログに大切なことはいっぱいある!

重要なポイントとしては、例えば・・

・アクセスアップ
SEO対策
・記事の質・量のレベルアップ
ブログライティング

詳細はリンク先の記事カテゴリをご覧下さい。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

技術的な側面を理解しなければなりませんし
実際に必要とする作業量も膨大です。

成果に関係のうすい『こだわり』ですから
よほど余裕がない限り、ほどほどでいいと思いますよ。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

以下はこの元記事の当初の冒頭部分ですが

ブログに慣れてきたころ気になるのはデザインでしょうか?

他の人のサイトをみて、こんな風にしたいな・・とか。

記事を書くことだけに気持ちが向いていたのが
振り返る余裕が出てきたということかもしれません。

私も「やらかしていた」というわけですね。

 

検索エンジンはデザイン性を重要視していない!

あなたのサイトに初めて訪れる方は
検索結果のリストからアクセスされたわけです。

検索エンジンはデザインの優劣ではなく
文字情報を優先して評価をします。

検索結果にもデザインは無関係です。
せいぜいアイキャッチの写真1枚だけです。

デザインにこだわっても結果に貢献しないなら
「時間の浪費」と言えませんか?

 

もしデザインにこだわるなら/写真加工はCanvaがいい

もしあえてデザインを再設計するなら
・その後変更の必要がない
・軽微な変更だけでよい

を目指さないと意味がありません。

あるいは・・

LPなどで結果の出ているデザインを
良い意味でパクるとか。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

写真加工も必要ですが、その意味でも
使いやすいソフト・サービスは必須です。

習得に時間がかかるものでは意味がありません。
GIMPなど無料で高機能なソフトもありますが
ほとんど使わなくなりました。

私はもっぱらCanvaを使っています。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

無料版と有料版ありますが
無料でもかなりのことができます。

使い方を把握したら有料版をお試してみるのも手です。
なにせ42万点以上のテンプレートがあります。

無料だと写真はかなり絞られるので、その意味では
7500万点の素材が無料となる有料版も悪くないですよ。

 

CSSも深みにはまる必要はない?!

私はHTMLもCSSもロクに学んでいません。

HTMLが表示する内容の記述方法だとすれば
CSSはその表示方法を指定するもの・・という程度の理解。

ネットの情報をコピペして活用していますが
それで十分のような気がしています。

おおまかな理解でも用は足りているのです。

 

ブログデザインを変えるときに気を付けること

ブログデザインを変えるときに気を付けること

それでもデザインを変更したいという方に向けて
後半は書いていきます。

以前の記事を多少補足していますが
内容はほぼ変わりません。

 

アメブロの場合 ①一般デザイン

ブログ管理 → デザインの設定

好きなデザインを選択して
「適用する」ボタンをクリックすると
その場でデザインが変更されます。

さらに各デザインについて

①「2カラム」「3カラム」の別
②サブカラムの位置の指定(2カラムで2種、3カラムで3種)

を変更することができます。

デザインは約300種類ほどありました。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

簡単にいうと、各記事の文字情報は
デザインと独立して保存されています。

ここで違うデザインを選ぶと
文字以外の部分だけを差し替えるわけですね。

ヘッダーや背景、文字の色などが
セットになっているので、瞬時に雰囲気が変わります。

この手のデザイン変更は
ずいぶん昔から確立された手法です。

伝統的な『着せ替えサービス』ですね。

絵柄こそ変わりますが
印象は大きく変わらない気がします。

 

アメブロの場合 ②カスタムデザイン

アメブロのデザインの中には
カスタマイズを前提にしたものがあります。

調査時点で上記約300種のうち
約1割、34件のデザインがありました。

よく似ていますが
新旧のタイプがありますのでご注意を。

 

これからやるなら新タイプを選択

パソコンで見ると「CSS編集用デザイン」が
3つ横に並んでいます。
この3つが新デザインです。

特徴としては次の通り。

・プロフィール写真が丸い
・3カラムのときの左右のサイドバーに広い・狭いの区別がある
・ヘッダーの横幅が広がって1120pxに

こうした細かいデザインの変更だけでなく
CSSというカスタマイズで使う記述方法も異なります。

旧タイプはわざわざ選ばなくてもいい

旧タイプではネットで提供されている
「カスタマイズ用のCSS」を
使うことができない場合があります。

その点、新タイプを選べば間違いありません。

新デザインが出たのは2016年3月ぐらいのようです。
いろいろな方が情報提供されていますね。

HPっぽく見せるなら
「新タイプ」の「カスタムデザイン」
を選ぶべきということになります。

簡易版もあるカスタムデザイン

他に「簡単カスタマイズ用」
というのもあります。

こちらは次のものは変更できますが
・ヘッダー
・文字設定
・背景等
細かいカスタマイズはできません。

 

リセットに備えてデザインのバックアップをとろう

これは要注意ですよ!

別のデザインを選択した場合はもちろん
左右のカラムの設定を調整しただけで

初期状態にリセットされてしまいます

あらかじめCSS部分を
テキストファイル等に書き出しておく
と安心です。

 

ワードプレスの場合は大変です!

ワードプレスではテーマと呼ばれています。
無料・有料問わず、沢山の種類があります。

基本的にはテーマを変更すると
記事などの情報はそのままで
デザインだけが変わるわけです。

アメブロの「一般デザインの変更」と
同じ概念になります。

 

有料デザインに要注意!

しかし実際やってみると
うまくいかないことが多いのでご注意下さい。

各テーマで用意された独自機能が原因で
別のデザインにその情報が引き継がれないためです。

例えば、独自のエディター機能やSEO向けの記述など。
有料テーマを購入された場合は要注意です。

手作業によるコピーが必要となります。
手間がハンパなくかかります。(体験談)

テーマデザインを変更→コピー
→テーマデザインを戻す→ペースト という感じ。

私も2019年の夏、思い切ってデザイン変更をしてみました。
記事数約80本、固定ページ約10本の修正に取り組んだのです。

睡眠時間を削っても、まる4日間かかりました。
2度とやりたくありません(笑)

 

ワードプレスでは早めに検討すること

無料テーマ間の移行なら大丈夫ともいえません。

有料テーマに匹敵するとか、超えるとか評価される
無料テーマも存在しますので。

場合によってはあきらめざるを
得ないこともあるでしょう。

テーマの選定には経験者の評判を
よく調べておいた方がよさそうです。

単純にアフィリエイトリンクに
誘導するケースもよく見かけますので

本当に使っているのか確認した方がいいですね。

 

メルマガ購読はこちらをクリック


ps.

ブログっていつまでも完成しない気がします。
記事の更新作業だけでなく
手を入れるべき要素はいろいろありますから。

つまり学ぶべき事項がたくさんあるわけです。
あなたはインプットの戦略をお持ちですか?

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ運営法
スポンサーリンク
じぶん・オンライン