まだブログやらないの?「スタートできない症候群」を克服する方法とは

まだブログやらないの?「スタートできない症候群」を克服する方法とはブログ運営法
スポンサーリンク

まだブログやらないの?「スタートできない症候群」を克服する方法とは

実現させるには
「正しい方向に近づくこと」
が欠かせません。

厳密には2つのアクションで
構成されています。

1)正しい方向を向くこと
2)その方向に歩き出すこと

苦手なものがあるとき
あなたならどう切り抜けてきましたか?

ある意味でうまくやることをあきらめて
しかたなく歩き出したら「上手くいった!」

こんな経験からお話します。

 

パソコンのキーボードの練習をした話

私の社会人デビューはプログラマーでした。
このとき推奨されたのがカナ変換でなくローマ字変換。

プログラミング(当時はC言語でした)の構文は
もちろんアルファベットです。

ワープロでカナ入力による日本語しか
入力していなかった私は
その話を聞いてがっかりしたのを覚えています。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

仕方ないので、その日から切り替えました。
カナ入力からローマ字入力へ。

想像つくと思いますが、頭でわかっているのに
文字が打てないもどかしさといったら・・。

苦痛以外の何物でもありません。

「開発部でカナ入力しているヤツなんていないよ」

こう言われて、新人の自分は素直に従う
しかなかったのです。

でも仕事という強制力があると
数時間でも少しずつ慣れてきます。

週末には問題なく入力できるように
なっていました。

 

柔軟に問題対応すると早く抜けられる!

柔軟に問題対応すると早く抜けられる!

「カナ入力でもプログラムをつくるのに支障はない!」

もしこのように主張していたら
どうなっていたでしょうか。

「素直じゃない新人」と評価されますね。

でもその後のプログラム開発でも、大きく効率低下に
つながったことは間違いないのです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

解決に結びついたのは・・

1日、いや1時間でも早く新しい方法で
キーをたたいたこと。

これが、習慣だった入力方法を早く
コンバートできる秘訣だったのです。

他人をうらやましく思う時間があったら
新しい方法でチャレンジするほうがいい。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

でもあくまでも自分の問題ですから
他の人はどうでもいいんです。

・文句を言ってやろうとしない人
・秘訣を聞きまわって、明日からやろうという人

いずれも、その人は自身の到達できる
最高水準から一歩遅れることになります。

苦痛を先延ばしにしただけなのです。
やらなくてはならないなら、早く始めた方がいい。

 

まずはチャレンジすることが大事

ノウハウをやたら聞きまわる人も似ています。

それでいて、誰かを隣に立たせて
一つ一つ聞いてから、おそるおそる触るのです。

「できることなら触りたくない」のは
バレバレでしたけどね。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

やらなければいけないなら、やるしかないのです。

すぐ着手に向けて動き出すのが
唯一の正解ではないでしょうか。

実際にやらなければ
理解できないこともあります。

手をつけない限り
ゴールまでの距離は縮まりません。

 

ブログの運営方法だって新しいことへの挑戦の連続だ!

ブログの運営方法だって新しいことへの挑戦の連続だ!

「ブログをどうしようかな・・」
「どうせならワードプレスもやりたいけど・・」

すでに情報収集されていて、ある程度は
答えも見えているのではないですか?

だとすれば情報量が不足しているのではなくて
決断できる温度まで上昇していないだけ。

「答えに結びつく行動」を積み重ねると
しだいに環境が整い、抵抗感が減少していきます。

行動ができないならマインド面を見直すべきです。
さもないと・・途中で失速します。

 

1)情報量が少ないとき ⇒ 情報を増やす

判断する情報量に乏しい自覚があるなら

ググるなり、書店に行くなり、動画を探すなりして
まず必要な情報量をインプットしましょう。

最低限の知識はどんな分野でも必要です。

「自分にもできるかも」「まぁムリだろうな」という判断は
ある程度知識量の蓄積がないと不可能です。

 

2)情報量が十分のとき ⇒ 具体的に動くモデルを見つける

自分よりもちょっと上の段階の
モデルを探しましょう。

あまり実力に差があると
相手の行動をマネすること自体が難しくなります。

マネから入って、実力をつけたら
さらに上位の別のモデルを探すのです。

守・破・離のプロセスは有名ですね。
段階ごとに吸収できる内容は異なるのです。

 

3)行動することに抵抗が強いとき ⇒ 内面を改善する

いつまでも足を踏み出す勇気が出ないときは

「本当はそこまでの必要性を感じていない」
ことがほとんどです。

表面的には「必ずやらなきゃ!」でも
「そのうちできればいい」という温度感が
根底にあります。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

こうした場合は
内観や対話などのプロセスが有効です。

口頭でうまく説明できなくても
文字にして表現すると
問題点が整理されていきます。

対話もうまく使うと
劇的な効果を生むことがあります。

数カ月迷ってばかりだったのに
ベテランと話した数十分で
解決の糸口が見つかることがあります。

 

最後に:ブログに迷っている時間がもったいない!

ブログは、具体的な成果が出るまで
半年以上かかるのが一般的です。

本業としているプロが
口をそろえて言ってますから
たぶん間違いないでしょう。

だったら『種まき』だけは
やっておいた方がいい。

成長スピードはゆっくりなので
あとからでも好きなだけ修正できます。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

技術的な問題とメンタルの問題と
両方にぶつかることと思います。

どちらに対しても
対策を立てておくことをおすすめします。

 

メルマガ購読はこちらをクリック


ps.

関連分野で既に確立している
セオリーがあるなら知っておいてもいい。

情報発信の初心者であるからこそ
「広告分野での常識」は役に立ちます。

 

おすすめの【関連記事】はこちら
 >> ブログ初心者も使うべきマーケットの公式とは?迷いが消える3つの要素!

おすすめの【まとめ記事】はこちら
 >> 起業で情報発信を始めるなら!ブログのゼロイチ(0→1)はここから!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ運営法
スポンサーリンク
じぶん・オンライン