素直な自己表現は応援される

ブログ発信のためのマインドセット

人から応援されるシンプルな方法

年賀状に使う写真を選ぼうと思って
スマホを触っていたら面白い写真が出てきました。

これなんだと思います?

 

実は【コーヒーカップ】なんです。
遊園地にあるグルグル回るアレを模したもの。

高校生の次男の文化祭に行った時のショット。

ちなみにスピード調整は自在です。
人力なので周りを走る生徒たちしだい(笑)

 

完璧じゃないからできない・・なんてことはない。
今だからできるプロセスを表現したっていい。

そんなことを教えられました。
愉しみながらやっているなら、その雰囲気は伝わりますから。

 

子どもたちの笑顔が印象的

「高校の文化祭なんて
親は行かないだろ?」という私に

「そんなことないよ。
高校の見学をかねて結構来てるよ」

と長男。

 

実際、長男の指摘通り
たくさんの父兄の姿がありました。

たいていはお母さんかな?
でもお父さんも珍しくはなかったですね。

部活のブース、各クラスのブースなど
活気があってにぎわっていました。

クラスのブースでは教室の中に
大きな制作物を構築しているところもありました。

コーヒーカップだのゴーカートだの。

 

驚きました。
実際に人を乗せて動いていましたから。
(木造でしかも手動ですけど)

壊れないようにコース外では
男子生徒が一生懸命押さえてました!

けっこう微笑ましいものがあります。

 

クラスの入り口で呼び込みしている
子どもの声もあちこちで。

恥ずかしそうにしながらやる子もいれば

堂々と声をはって、漫才のような問答をしている子もいる。

なんかいいなぁ・・。

 

一生懸命やっている姿は応援される

ここで思ったのは、やはり自己表現のこと。
一生懸命やればいいんですね。

たとえ下手であっても。

汗かきながら声を上げている姿は
やはり好感が持てます。

同級生くらいならまだしも
自分の親くらいの大人に声をかける。

高校生にしてみれば
学年一つ違うだけでも大変じゃないのかな。

かなり内面の葛藤を飛び越えたんだろうと。
やはり応援したくなりますよね。

 

あたたかい気持ちはあなたの心の反映

例えば、にぎやかな様子に
「うるさいな」「騒々しいな」という
感想を持つこともできたはずです。

でもそうは思えなかった。

彼らの笑顔につられるように
笑顔になったのはごく自然なことでした。

彼らの心意気に反応したのかもしれません。

「拒否されるかも」
「冷たい目でみられるかも」

こういう気持ちを押しのけて表現していた子どもたち。

だからこそ笑顔の交換ができたわけで。

だから表現する側は
遠慮せずに表現したらいいんです。

たいていの人は
内部にあるボタンが押されるかのように
応援してくれるのではないでしょうか。

であれば、もしネガティブな反応が
あったとしても、気にする必要はありません。

受け取る側の問題なのですから。

 

PTAに参加していたお母さんたちは
1時間待ちを突破してコーヒーカップも体験したそうです。

気軽に人生を楽しむ心の柔らかさ。
ぜひお手本にしたいですね!

 

最後までお読みいただいてありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ発信のためのマインドセット
スポンサーリンク
じぶん・オンライン