ビジネスブログは完成まで○○が必要だ

キーボードを打つ様子ブログ運営法

ビジネスブログに必要なものとは

今回はビジネス用のブログについて。

自己探求のためのブログのお話ではありませんので
誤解されませんように。

先日会った友人は起業仲間でもあるのですが
ブログ等の準備が遅々として進んでいませんでした。

そのうちの一人は無料ブログを使っていましたが
新たな記事を書くのに苦労していました。

別の友人はワードプレスに挑戦していたものの
まだ作成半ば・・という状況。

「どうしたらいいんだろ・・」とポツリ。

胸にしみました。

 

効果を出るまで時間がかかりすぎ!

個人でビジネスをやるのに
いまやネットを使わないのは考えにくいですよね。

だからまずは名刺代わりになるように
最低限の機能をもたせなくてはなりません。

つまりサービスや人となりが伝わるような内容は
あらかじめセットしておかなければならないのです。

だからこそ、起業準備の段階にある方は
自分の商品・サービスを確立させるのと
ほぼ並行してWEBを構築しようとします。

ブログもその一環です。

書いている内容や文体、雰囲気を読めば
なんとなく人となりが理解できます。

もちろんプロフィールも読まれるでしょうから
手を抜けません。

 

検証プロセスにすすめば勝機はある

ある程度形になって、アクセス件数や成約率・販売数などの
データが取れるようになれば、施策ごとの評価が可能です。

SEOだって同じようなもの。

トップページに何を置くかがキーになることもあるし
配色やパーツ類の出来不出来でも変わる可能性があります。

・ダメなら改良してまたデータをとる
・さらに改良してデータをとる

このサイクルに入れば
いずれは満足できる売上だって期待できます。

HP・ブログだけでなく
メルマガなども同じはずです。

逆に記事だけアップしていても
具体的な成果につながらないことはよくあります。

 

やることが多すぎる!

蓄えがあったり、サイドビジネスがすでに稼働していて
収入が途切れないなら、思いっきり集中して
ブログ構築に力を注ぐ時期があってもいいと思います。

でも退職前で実際に勤務を続けていたり
副業程度で十分と考えている方の場合には

余暇の時間でやるしかないので
圧倒的に時間が不足します。

 

例えば、記事を1つ書くのに
1時間ではたぶん終わらないでしょう。

※私は最終アップまで1時間で終わることはないです。
文章は書けても、写真やデザインの調整で2時間近くになることはよくあります。

ブログを構成するパーツは
記事だけではないですからね。

トップページに配置する説明文
プロフィールや商品ページ
問い合わせページなど作る箇所はたくさんあります。

文章だけ考えてもウンザリする量があるのに
システム的なものまで理解し、使いこなす作業量といったら・・。

メルマガやステップメールに手を出す前に
挫折してしまうのも、無理からぬところがあります。

 

広告を打とうにも、ターゲットになるHPや
ブログがなければ意味がありません。

つまり売上が発生するまでに
多大の時間と労力が必要で、

それでも効果が生まれるかは
定かでないという割の合わない作業となるのです。

検証が可能なこの段階に到達するには、
かなりの「覚悟」が必要です。

 

だからこそ最初のハードルは下げておく必要がある

時間のないときに自力でやるなら
省力化できることは徹底する必要があります。

極端な話、ブログじゃない方法であってもいい。
簡易的なHPもあります。

ワープロのような簡単な操作で作ることができます。

ただし、これを作る場合でも
最低限の情報は盛り込む必要があります。

でもそのプロセスは
いずれブログやHPを本格運用するときの財産に。

最初につくったものより、2度目、3度目のほうが
いい出来になるはずですから。

ビジネスとして最低限の形を作ることを
優先するのも一法なのです。

 

だからこそ相談できる相手を見つけておく

ワードプレスの構築を依頼したり
LP(ランディングページ)を
業者に依頼すれば当然お金がかかります。

コンサルの要素を含んでいればなおさらです。

問題は技術がどんどん変わっていくということです。

自分が一切学ぶ気がないなら
誰かに依頼するコスト負担は必ず発生します。

だからまずは
「変わらないところ」に注力すべきなのです。

商品の中身やあなたの魅力をどう表現するか・・というところに。

 

そのうえでちょっとだけ学ぶこともしてみる。

そうすると頼むべき業者が
どういう存在かが決まります。

技術的なサポートに徹してくれる相手なのか
商品の内容の表現まで力を貸してくれる相手なのか。

有料、無料を問いませんが
そういうつながりがあると
時間のムダを大幅に削減します。

それがビジネスの成否を分ける
結果になることもあります。

ただしクレクレが先行すると・・

そういうマインドからは
お客様が離れるかもしれません。(笑)

相手を豊かにするから
自分も豊かになるという発想は必要です。

相手から奪っていたら
自分も奪われる・・・ということですね。

スピリチュアルな表現で
「自分=他人」というのがありますが

真実だと感じています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ運営法
スポンサーリンク
じぶん・オンライン