宝物がいっぱい!アメブロが情報源として優れている理由とは

宝物がいっぱい!アメブロが情報源として優れている理由とはブログとビジネス
スポンサーリンク

宝物がいっぱい!アメブロが情報源として優れている理由とは

乗り気じゃなかったアメブロ

アメブロをなんでやろうと思ったのか?
あまり明確な記憶がありません。

「有名なサービスだったから・・」
これ以上のものではなかったはず。

2018年の秋に開設は済ませていましたが
完全にテスト環境のつもりでした。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

記事も書いたり、書かなかったり。

ライフコーチの日常を「ちらっと」
紹介する記事でした。

いわゆる雑記とか日記のような感じです。

ワードプレスで複数のサイトを稼働させて
いたこともあり、完全にサブ以下の位置付けでした。

 

いろいろな方の記事を読むように

ブログ運営をワードプレスから
始めた私としては、「いいね!」や
フォロー制度の意味がわかっていませんでした。

読んでいただいた方から反応があると
むしろ困惑したりして・・。

笑えるくらい何も知らなかったですね。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

そんな私がアメブロを見直したのは
たまたまスゴイ記事を見たからでした。

以来、ピンときた方は
フォローさせていただいてます。

ランキング上位でよく見る方は
やはりそれだけの情報を蓄積させています。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

ブログ記事自体がお手本ですから
読むこと自体が勉強になっています。

ノウハウはもちろん
読者の心をつかむ文体も。
※マネできていませんが💦

先ほどの「いいね!」「フォロー」の
深い意味を知ったのも記事からでした。

 

ブログの師匠が至る所に

ブログの師匠が至る所に

記事の公開頻度に関する考え方も
アメブロ記事から教わりました。

ワードプレスにもすごいサイトが
ありますが、参考にすべき部分があるなら
どこにあろうと関係ない。

ある作者さんは複数のサービスを持っていて
その告知記事も日替わりでアップしているそうです。

スゴイのは、それ以外にも
お役立ち記事も、プライベート記事も
アップしていること。

どんだけ書く気?というくらい
スゴイ量を日々生み出しています。

私が感銘を受けたのは
覚悟の大きさだったのですね。

 

努力を欠かさない目標として

ビジネスをやろうという人は
告知を遠慮していてはダメなんです

告知やらずに誰に届けようと
いうのでしょうか?

 

この言葉、完全に受け売りなんですが
すごく心に響きました。

私の場合、ワードプレスではごくたまに
営業系の告知をしていましたが
「数カ月おき」という感じですね。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

それじゃ必要としている人にも
届かなかったかもしれない。

私が気にしていたのは
「読む人が不快になるかもしれない・・」でした。
※他人目線ってやつですね

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

強制的に読ませているなら
その通りなのです。

しかしブログは好きな時に読み始め
途中でいつでも閉じることができます。

だったら下手でも自分の想いは書いた方がいい
実際、彼らのブログは記事数もハンパなかった。

 

アメブロのピックアップ機能が参考になる

アメブロのアプリでは
「注目の記事」を読むことが多いです。

記事をピックアップしてくれるのですが
その内容に刺激を受けることが多い。

気に入った作者さんは
更新通知をメールで受け取り
読み逃さないようにしています。

ワードプレスでも更新情報を受け取れる
仕組みがありますが
こちらの方が使い勝手がいい。

長年事実上のトップサービスとして
地位を築いてきただけのことはあります。

 

結論:アメブロは「ブログ情報の宝庫」

一言でいえば
「もっと早くからアメブロ使っていればよかった!」

発信者としては異なる見解を持っていますが
>> ワードプレスとアメブロのどっちがいい?選ぶために違いを知ろう!
読む側としては明らかにこんな感想です。

きっと記事を書く時のヒントを
あなたにも届けてくれるにちがいありません。

支持を集めてきたブログ主たちの力量は
読み捨てるにはもったいないですよ!

 

メルマガ購読はこちらをクリック

 


ps.

アメブロを使ってある実験をしてみました。
SNS機能があるので反応がとりやすいです。

7週間続いた私のチャレンジをまとめました。

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログとビジネス
スポンサーリンク
じぶん・オンライン