ブログはスマホを意識すべきだが○○しだい

ライティング

ブログはスマホファースト!?

「スマホがパソコンを抜いた!」

驚きをもって語られたのは、わずか数年前の出来事だったはずです。

しかし、いまや当たり前という感じですね。
まったく違和感を感じません。

 

スマホが多数派

ブログ記事を書くときはノートPCを使ってます。

しかし見るだけの時は圧倒的にスマホです。

 

ブログにもよるでしょうが
アメブロではパソコンの2倍くらいスマホ※が多かったのです。

ワードプレスのブログでは
過去3カ月で52%がスマホでした。

通勤途中にみるのかな・・と
想像していたのですが、そうでもないみたいですね。

わずかな時間であっても、スマホに
手を伸ばすクセがある方は多いと思います。

であればパソコンには勝ち目がないでしょう。

 

読みやすさをどこに置くか

情報量の多いものを書くときは
どうしても長文となるケースが多いでしょう。

その方の得意とする文体にも左右されます。

最近のブログでは、元のデータは一つなのに
使う機器に応じて画面構成を変化させる
レスポンシブデザインが普及してきました。

ただスマホを見るときに
不自然な位置に改行が来ることがあります。

短い文節で改行していくなら
スマホで見ても変わりません。

でもこんなパターンになっていると
何ともカッコ悪い印象を与えます。


○○○○○○○○○○○○○○
○○
○○○○○○○○○○○○○○○


2行目の部分がバランスが悪いですよね。

そこで1行目に適切な文節のところで改行を入れてみます。


○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○


同じ文字数でもこちらなら
そんなに違和感は感じません。

 

プレビュー画面は参考にとどめる

ブログのシステムによっては
プレビュー機能があります。

パソコン・スマホの画面を
切り換えてみることができるのです。

しかしプログラム上、『スマホ風』に
見せているだけのようですね。

あくまで参考にとどめ
自分のスマホで確認した方が無難です。

 

ワードプレスでも同じですね。

仮にレスポンシブデザインだとしても
改行の違和感の修正は必要なのです。

この過程で言い回しの訂正箇所が
見つかる時もあります。
※ひやっとしたことが何度もあります

 

「内容」の方が大事

しかし読めないわけじゃありません。

見栄えが多少悪くとも
それが原因でページを去ることはないでしょう。

読んでいて面白いと感じる何かがあれば
そんな見かけの部分は無視して
最後まで読み進めることになります。

 

やはり
「伝えたい想い」
「エネルギー感」しだいということですね。

 

時間を空けて修正することも有効

連続で記事を書くことを
自分に課していたことがあります。

そうなると作業する時間帯は、たいがい深夜です。

1日の最後の仕事としてパソコンに向かいます。

長い時間を使うわけにもいかないし
のんびりやっていたら眠さに負けてしまう。

睡眠時間を確保したいから
できるだけ短い時間で・・。

 

そのため実際にスマホで行うチェックは
翌日に持ち越すことが多くあります。

でも一晩おいた方が
冷静に見ることができたりします。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ライティング
スポンサーリンク
じぶん・オンライン