ブログを書くと「共感者」というおまけがつく

ブログ発信のためのマインドセット

自己表現ブログには「おまけ」がある

ブログを書くことをおススメしている理由。

それは「自己表現の一つの形」という意味でした。

 

でもこれは大きな副産物を生みます。
「おまけ」と表現したらいいのかな。

それは「共感者を呼び集める」ということ。

ちょっとビジネスぽい表現だと
「ファンを獲得する」という意味になります。

 

アメブロとワードプレスの違い

このアメブロとワードプレスでは
この部分の手ごたえに大きな違いがあります。

 

ワードプレスでは
数値での報告を受けることはできます。
※サーバーやグーグルのアクセス解析データ

でも読者さんの存在を感じにくいのです。

具体的にいうと
「アクセスが何人、何ページ表示されたか」
という指標はあるのです。

 

しかしアメブロのように
『○○さんが「いいね!」してくれた』
まではわからないのです。

 

※コメント欄を使えばいいのでしょうけど
複数運営では負荷になるため、現在は閉鎖しています。

 

共感者はあなたの分身でもある

あなたというフィルターを通して
作られたブログ記事は
あなたと似た人の共感を呼びます。

 

たとえ反対意見をお持ちだとしても・・。

繰り返し訪れていただけているなら
どこかが共鳴していることを意味しています。

 

だから、あなたの書く記事は
無理に「説得」しなくてもいいのです。

ビジネスの要素を持っているなら
提供するものの魅力を知らせることは必要ですが。

 

でも「説得」だと困るのは、どこかで
マイナスポイントを見つけると
不信感や不安を生んでしまうから。

いったん納得しても「強引に売り込まれた」
と思われたら、クレームの対象になるのがオチです。

 

あなたの個性を知ってもらうのがいい。

それには、あなた自身の人となりを示すのが一番です。

 

ファンなら
「まずあなたから買いたい!」
と思うはずですから。

過度なアピールは逆効果となることもありますよ。

 

共感を集めるには素直であること

いろいろな見解があるため
ある程度そうしたものを想定すると
広く読者層をカバーできます。

ですが、前述したように無理に
カバーする必要はありません。

ムリをして、あれもこれもと広げると
あなたという存在へのフォーカスがぼやけてしまうのです。

そうなるとファンに訴える力は弱まります。

 

素直さは2つのいいことを生む

素直な表現は一つには自分のためでもあります。

偽ったり、過大にみせて自分を誇示しようと
しても、自分自身はそのこと知っていますからね。

どうしても罪悪感や自信のなさがにじんできます。

 

もう一つは、あなたのファンになる可能性の
ある方を混乱させないためです。

あなたと共通項を多く持つ未来の友人が
あなたが自分を偽ることで、誤解させるかも
しれないのです。

 

だから記事は素直に自分のこころを
表現したほうがいい。

素直な方に対して敵をつくるほうが
難しいとは思いませんか?

 

素直な方はそれだけで魅力があるといえます。

もし素直さが欠けてきたと感じたら
本当の自分はそう思っているのか?」

そういうチェックをしたほうが
いいかもしれませんね。

 

ブログと内観は縁が深いのです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ発信のためのマインドセット
スポンサーリンク
じぶん・オンライン