学ぶだけではダメ?アウトプットの経験を増やして成長を実感しよう!

アウトプット

学んできたことには
自信があるという人へ。

その自信のほどに
日常に満足していないとしたら

また新たな学びを探しに行きますか?
それとも・・。

 

学ぶだけではダメ?アウトプットの経験を増やして成長を実感しよう!

インプットの方法は多様になった

読書だけでもそれなりの情報量があります。

講師がいて、座学で学べるなら
読書よりももっと吸収がいいはず。

最近は動画配信も増えています。

同じ会場にいなくても
自宅からでも学ぶこともできる。

このようにインプットの形は
昭和→平成・令和で大きく変わりました。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

選択肢がいくらでもある。迷うほどです。

でも「相手⇒自分」の方向性は変わりません。
パターンが増えただけです。

このことは意識しておいた方が
いいと思います。

 

もともとアウトプット経験が足りない

アウトプットが圧倒的に足りないのが
わたしたちの初期値のような気がします。

無理もないと思うんですよ。

たいていの人の共通体験である
小学校から高校での教育を考えれば。

学校で学ぶ立場にいたのだから
黒板を背にしていた時間なんて
あってもごくわずかなもの。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

社会人からは選択した職業にも
よるでしょうけど。

人の前に立って何かを話す時間なんて
わずかなものです。

つまりあなたも私も
「アウトプット経験が圧倒的に少なかった」
のではないかと。

 

誰かの役に立ちたいならアウトプットはとりわけ意識的に

・何かを学ぼう
・インプットしよう

これらは確かに積極性の表現なのですが
いずれ大きな壁にぶつかります。

そもそもあなたが学ぼうとした動機を
考えてみて下さい。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

『誰かの役に立ちたい』

だからこれに役立つものを
学ぼうと決めたわけです。

たとえ世界一流の水準になったとしても

ひとりで「イヒヒ」とか (笑)
自分がいかに素晴らしいか堪能したい
・・わけではないんです。
※多少あるかもしれませんが

貢献したい理由があったはずです。
思い出して下さいね。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

そして・・そのことを
誰かに伝えることが前提です。

誰かにわかってもらうことが必要なんです。

ビジネスも同じですよね。
伝えて、わかってもらって、報酬を受け取る。

ふさわしい貢献を果たすことができ
それをお客様に理解していただくから
その対価を受け取ることが可能になるわけで。

アウトプットを意図的にしないと
ダメな理由がここにあります。

 

表現するためにマインドセットを整えよう

自己表現には「怖れ」はつきもの!避けながらアウトプットするしかない

人前で話すことを考えるとビビりませんか?
私もビビります。

たまにしかやりませんが
セミナーや動画撮影のときには
毎回ビビっていました。

平気な顔をして話しているようでも
背中も手もじっとり汗ばんでいます。

ブログの記事も同じです。
「こんなこと誰でも知ってるよ」
「こんなレベルでよく書く気になるな」

こういう言葉が浮かんでくる時もあるんです。

 

そうすると、こういう声に勝つために
「もっと勉強すればいいんだ」って
考えてしまうこともある。

これがドツボのはじまりかもしれません。
セミナージプシーもこの延長でしょう。

伝える経験は増えないまま
インプットだけ増えていきます。

 

アウトプットの機会を増やす

誰かに話してみるのも大事。
奥さんや旦那さんに話すのも有効です。

でもグチを繰り返すのは相手に迷惑をかけます。
あなたの気分は一時よくなるかもしれませんが。

だから読み返すことができるものがいいのです。
「書くこと」は自分との対話なのですから。

 

ブログのよさはここにあります。

しっくりくるまで何度でも読み返す。
そのうち「こんなことを思っていたのか!」
気付くこともあるのです。

他人ならこれをどう読むかを考えますから
自然と自分を客観視するようになる。

「メタ認知」といいますが
これにより感情の波に溺れにくくなります。

その意味でも日記とは異なるのです。
ぜひトライいただければ・・と思います。

具体的な方法を見つけ
行動に移すたびに
あなたの理解度だって上がっていきますよ。

 

メルマガ購読はこちらをクリック

 


ps.

インプットをしたら時間を空けずに
アウトプットをしてみましょう。

話すことでも書くことでも構いません。
あなたの理解の程度を気付かせてくれますよ。

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アウトプット
スポンサーリンク
じぶん・オンライン