いきなりブログ書いていませんか?暴走しないための手順と道具を大公開!

いきなりブログ書いていませんか?暴走しないための手順と道具を大公開!ライティング

いきなりブログ書いていませんか?暴走しないための手順と道具を大公開!

ブログの記事を書こうとしたときに
いきなりPCの前に座りますか?

今回は私の書く前の準備と
よく使うツールについてお話ししますね。

書くことにあまり慣れていない
あなたのために。

ブログを書く準備は心の整理から始めよう

私の場合、まずPCの前に
座ることから始めます。

静かな部屋を選んで自分だけの時間を意識する

自分の内面との対話と同じなので
リビングなど
・人が出入りしやすいところ
・人の声がするところ
・騒々しいところ
は避けます。

私の場合、部屋の主がいなければ
ノートパソコンを持って
子どもの部屋に行くことも。

まずパソコンを開いて条件反射のスイッチをオンに

記事を書く前に
ルーティンを始めます。

これは何でもいいのですが
時間がたったら戻れるように
タイマーをかけておくといいです。

おすすめは飲み物。
飲み終われば自然に戻りますから。

普段コーヒー派の私は
記事執筆前は紅茶にするとか。
ちょっとした変化をつけています。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

「パブロフの犬」ってありますよね。

条件反射で「これから思考活動するぞ」
ってやるわけです。

何十~何百回のどこで
効果が出るかわかりませんが

無意識的に結びつくようにします。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

こんなものでもスラスラかけるなら
ありがたいってもんです。(笑)

「こんなこと書こう」というテーマが
決まっていなくても
とにかくパソコンを開きます。

この一連の動作が
スイッチになるのです。

黙想を行ってテーマを決める

私はこのときに
意図を決める意味で

「これから30~60分間は
集中して原稿を仕上げるぞ」
と心の中で宣言します。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

次に目をつぶって数分間黙想します。
(長くても10分くらい)

書く内容が決まっていないときは
もちろんですが
決まっていてもやっていますね。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

ふつうの瞑想だと
浮かんできた考えの続きを
あまり追いかけません。
※「手放す」と表現することが多い

でも今回は
無意識領域からのヒントを
受信するためなので

「ざっくりと見る」イメージです。

細かい展開はどうせ記事を書くときに
浮かんできますので

全体の構成にフォーカスします。

 

テーマが決まらない時でもまずは書いてみる

で、時間がきたらPCを開きます。
さて、何を書こうか・・?

この段階でもまったく何も浮かばない
という時もあります。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

そんな時は、その日にあったことを
思い浮かべます。

で、結論を考えずに
その出来事を表現し始めるのです。

箇条書きで構いません。

・目にしたもの
・耳にしたもの
・ふと思ったこと
・昨日までになかったもの

こういうものを描写してみるのです。

 

記事ネタはこうして決まる

日常の風景にヒントがある

私の今日のケースですと
三男の宿題につきあったことでした。

ちょうど理科のレポートを
仕上げるところでした。

彼は自分の考えをきちんと
表現するのが下手な気がします。

おしゃべり自体は好きなのですが
・キーワードを失念する
・話の筋も大混乱

ついには
「今何話そうと思ったんだっけ?」
真顔で聞いてくる始末。

さすがにわからん!親でもね~。(^^ゞ
キミ中学生でしょ?しっかりせんかい!

ここまではさすがに言いませんけど。

口にできないから書けない

ペン持っても1文字も書けない。
書こうとしない。

「まず次の1文を口にしてみようか」

「モゴモゴモゴ・・」

「何調べたんだっけ?」

「えっと・・・。どこに置いたっけ?」

それじゃ書けないよね。
口にすらできないことを文にできるわけがない。

ブログの記事が書けない気分って
こういう感じだと思うのです。

 

どうやって文章をまとめるのか

古典的な秘密兵器「付せん」の活用

そんな彼に渡したのが
大きめの「付せん」!

調べて書ける部分があったら
まず付せんに書き込みます。

いくつも付せんを書いておいて
それをグループにまとめます。

一つの付せんに書くのは、わずか2~3行です。

そして、提出用紙の上へ。

各グループの分量と順番を考えながら
配置していくのです。

全体像が決まったら、できるところから
清書していきます。

流れに沿わないモノ、似たようなモノは
思い切って外します。

付せんの半分ほどは活用されずゴミ箱行きに。

 

文章のひと固まりをつくる訓練を

彼の場合は、文章の固まりをつくる
時点でスムーズさに欠けていました。

やはり言語化するには慣れが必要と
いうことでしょう。

それでも、ネットや本で調べた情報を
付せんに表現していくことはできました。

キーワードをつなげれば
ある程度形になります。

 

『書きやすいところから書く』

これが鉄則です。

 

文章の前後の流れから
続きだって生まれてきます。

息子にはこの訓練が必要でした。

何度かやる機会があれば
上達するはずなんだけど。

 

パソコンならテキストエディタが便利

面白いことに1行書いてみると続きが
勝手に生まれてくることが多いのです。

思ったことを数行で表現する。
これが大事だと思います。

パソコン使っているのだから
テキストエディタを
インストールしてみては。

ワープロよりも動きが軽快なので
アイデアをまとめるのに重宝します。
※私が使った中でのおすすめは
・フリーウェアのTeraPad
・シェアウェアの秀丸エディタ

文章のまとまりごとの移動も
カンタンです。

付せんを使わずに
整えることができるのです。

ポイントを挙げるなら

①とにかく気軽に文字にして「流れを止めない」こと!
②修正や順番の検討は後でまとめてすること!

 

スマホなら自分宛てのメールやPC連動アプリで

ヒントは日常にもいろいろあります。
あなたの心にも次々浮かんでくることでしょう。

どうか数行の文字にする習慣を
つけてみて下さい。

パソコンと連携することを考えて
スマホを使うと効率的です。

自分あてのメールを使う

自分宛てのメールを書くなら
スマホでもできますよね。

しかも設定済でしょうし。

暇を見つけては数行を書き
ある程度になったら自分あてに送信する。

これをPCでまとめれば
案外簡単に記事になります。

エバノート(Evernote)を使う

評判を聞いて、この1年ほど
使っています。

有料のサービスもありますが
考えをまとめるなら無料で十分です。

私はこれで業務記録をつけています。
スマホでも気軽に使えるので
いいですよ。

 

まとめ:ブログを書く手順と道具を決めて迷いをなくそう

いつもと同じ手順、いつもと同じ道具。
これほど安心感をもたらすものはありません。

あとはあなたの経験や考え方を
昔の自分に向かって語りかけるだけです。

それがきっと誰かの役にも立つはずです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

慣れてきたら、SEOを意識した書き方に
徐々に切り替えていきましょう。

構成を事前に決めてから書くだけです。
それについては別記事で取り上げます。

 

メルマガ購読はこちらをクリック


ps.

書くことに対するストレスが減少したら
誰にどう伝えるか考えましょう。

リアルな友人に話すときも
きっと変わらないですよ。

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ライティング
スポンサーリンク
じぶん・オンライン