表現力とリンクの実験の場!私がブログを複数運用始めた理由とは?

私がブログを複数運用始めた理由とは?表現力とリンクの実験の場だった検索エンジン対策(SEO)
スポンサーリンク

表現力とリンクの実験の場!私がブログを複数運用始めた理由とは?

今回は私のブログの歴史をお話します。

考えて情報収集してまた考えて・・
この繰り返しで歩みを進めてきました。

いろいろ学ぶことがありました。

具体的なデータをとることができて
コアアップデートからの復帰も果たしました。

自分で経験したところは
自信をもって語ることができます。

その価値は大きいですよ。

 

最初のブログ(ブログA)

さて、私はワードプレスのブログから
情報発信を始めました。

2018年の夏のことです。

ライフコーチを学んで、ビジネスとして
成立させるためにブログは必須と考えたからでした。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

まずサーバーを借りて
有料のデザインを購入。

記事の投稿を始めながら
使い方を実践で覚えていきました。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

当初は情報発信がメインで
告知はちょっとだけ・・という感じで。

売上に直結することを優先するより
使い方を覚えることにフォーカスしていた気がします。

 

特定読者層を想定した別ブログを立ち上げ(ブログB)

そのうち、自分のお客様の対象が
大きく2つの層になることに気付いて
新しいブログを立ち上げました。

こちらは今までの社会人経験を
生かしたテーマになっています。

いわゆる経営者向けと位置づけ
一定間記事の広告を行って露出を増やしました。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

その結果、大した更新頻度でもないのに
一定のアクセスが続いています。

週末にアクセス数が下がることを
考えると、会社のパソコンのお気に入りに
入っているのかもしれません。

 

統合強化する位置づけの新ブログを開始(ブログC)

ブログA・Bのいずれも
人に関わる記事を書くことが多いため

どちらのブログに分類すべきか
困るケースもありました。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

2つのブログの読者に共通する
話題もあるし、ブログのデザインに
慣れたこともあって

2ブログの拡散を意図した
新しいブログCを始めたのです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

でも本当の目的は・・

ブログA・Bのデザインでは
「トップページが記事リストに固定され変更できない」のです。

インデックスタイプとも呼ばれますが、トップページが記事リストで占められるタイプを指します。
ワードプレスではデフォルトの設定でこのタイプになっています。

※購入したテーマがそういうデザインだったということですね(汗)

関連記事 → PageSpeed Insightsの評価が劇的に改善したある方法とは?

 

広告を打つケースを想定すると
ファーストビューでは大きな違いがあります。

ブログのトップページ 
⇒ 文字の固まり(小さな写真+文字)が飛び込んでくる

ホームページ
⇒ サービスの内容(写真)が飛び込んでくる

3つ目のブログはこのホームページを
持たせるのが真の目的でした。

特定の商品ならLP(ランディングページ)
で足りますが、イロイロやりたかったので。

 

やはり文字よりも写真・映像に目がいきますよね。
大きさの違いもありますけど。

表現力に大きな差が生まれます。

 

リンクの使い方でパフォーマンスが大幅に変わった

複数のサイトをリンクでつなぐとどうなるか

「リンクを増やした方がSEO的に有利」という情報から
複数展開していたブログをリンクすることを始めました。

これを外部リンクといいますが
SEOとして今でも効果がある手法です。

2018年時点でもその効果は絶大でした。

開設して半年もたたないうちに
トップページに複数サイトが掲載されましたから。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

しかしそのリンクの基準がしだいに変更されたようです。
リンクの品質が重要視されるようになったのです。

順位は数カ月のうちに少しずつ下がっていきました。

記事の更新は週2回ほどでしたから
ランクを落とされるほどとは思えず
首をひねっていたのです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

そして2020年5月のコアアップデートで
完全に圏外に消えることとなりました。

対策を求めて情報を探し回りましたが
どれも効果はなかったのです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

ブラックSEOとされる
「自作自演リンク」に認定されたのではないか?

・・こう気付いたのは半年近くたってからでした。

昔は携帯サイトを大量に作成して
大量のリンクを自分の本命サイトに向ける
手法が流行したといいます。

そこまで極端ではないにしても
記事の内容に関係なく
互いに5個くらいの記事リンクを
ブログカード形式で表示していました。

この相互リンクを解除し、サイトの統合を進めたところ
今では圏外からの復帰を果たしています。

まだトップページには程遠いですが
改良のポイントが一つ判明したわけです。

 

SEOと更新頻度はあまり関係ない?

約1カ月ちかく入院した際には
記事の更新はお休みしていましたが

それでも順位は大きく変わりませんでした。

『毎日更新しなければいけない』

よく言われるアドバイスですが
私に関する限りあまり影響ないというのが結論です。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

むしろパフォーマンスの低い記事は削除するようにし
厳選した記事の割合を増やしています。

これで表示回数は大幅に伸びています。

アクセス数が大きく伸びていないのは
まだ記事に魅力が少ないのだと思いますが。

 

結論:改善は止まらない!

記事の書き方やタイトルの付け方とかね。

それだけで、いくつもの記事が書けるほど。
>> ブログライティング(カテゴリ)

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

実は記事の内容だけが
ポイントではないんですよね。

ある程度記事が増えたら
また別の工夫が必要だったりします。

それ以外にもシステム的・技術的な
要素もあります。

ワードプレスを一人でやって
成果を出すのは大変だと思います。

 

ps.

実際、形にするまでに挫折した
起業家の友人を何人も見てきました。

私がワードプレスをサポートするように
なったのは、それがきっかけです。

ブログという器さえ完成すれば
それぞれの感性で『花』を活けてくれます。

それもイキイキと。

 

メルマガ購読はこちらをクリック

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
検索エンジン対策(SEO)
スポンサーリンク
じぶん・オンライン